読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
異色の維新裏面史 犬の目線から追った西郷隆盛論西郷隆盛はなぜ犬を連れているのか:仁科 邦男/草思社 読書人紙面掲載 書評 旧制高校の受験参考書の復刻 受験者はどのように学んでいたのかを知る貴重な資料現代文解釋法 :塚本 哲三、佐藤 裕亮/論創社 読書人紙面掲載 書評 相場に生きた者たちの営みを伝える 冗談のような貴重な記録も日本経済の心臓 証券市場誕生! :、日本取引所グループ 、日本取引所グループ /集英社 読書人紙面掲載 書評 アートは資本主義の終焉と歴史の危機を予言する?コレクションと資本主義:水野 和夫 、山本 豊津/KADOKAWA 読書人紙面掲載 書評 石田 衣良著 『娼 年』大正大学 外山 紘太朗娼年:石田 衣良/集英社 【書評キャンパス】大学生がススメる本 小松 健一著 古地図片手に記者が行く「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀 新刊 代表概念を解剖する 代表制の問い直しをめぐる論争の第一線にあり続けた書代表の概念:ハンナ・ピトキン/名古屋大学出版会 読書人紙面掲載 書評 「GW150914」とは何か この文字列から始まる重力波天文学を追ったドキュメンタリー時空のさざなみ 重力波天文学の夜明け:ホヴァート・シリング/化学同人 読書人紙面掲載 書評 闘争のなかの死を受けとめるということ 六〇年代のラディカリズムを継承するためにかつて10・8羽田闘争があった 山﨑博昭追悼50周年記念:、10・8山﨑博昭プロジェクト、10・8山﨑博昭プロジェクト/合同フォレスト 読書人紙面掲載 書評 多文化・多言語は「あたりまえ」で あることに気付かせてくれる本多言語主義社会に向けて:平高 史也、木村 護郎クリストフ/くろしお出版 読書人紙面掲載 書評 笑いと崇拝のなかで歴史を再生させる閻連科一流のアイロニー硬きこと水のごとし:閻 連科/河出書房新社 読書人紙面掲載 書評 謎多き探偵の人生を再構築 現実と物語世界が意外な形でリンクする明智小五郎回顧談:平山 雄一/ホーム社 読書人紙面掲載 書評 常に挑戦的な姿勢の作家 文学にいくつもの声を混じりこませようと本物の読書家:乗代 雄介/講談社 読書人紙面掲載 書評 声を受け継ぎ語り継ぐ祈りにも似た熱い思い銘度利加:十田 撓子/思潮社 読書人紙面掲載 書評 追悼 西部邁対談=田原総一朗・猪瀬直樹 /寄稿=山本光久 読書人紙面掲載 特集 ホキ美術館開館8周年記念対談載録描く人と描かれる人野田弘志×野依良治 読書人紙面掲載 特集 北の大地からの使者が、少年を憐れんで迎えに来た 編集室から ベストセラー告知板 2018-02-16 【ブックファースト新宿店・新書】 ベストセラー告知 第30回 和辻哲郎文化賞 受賞作決定 受賞 「日本文学 あの名場面」連載記念講演会「個人の一生と世界史~林京子の文学」 催しもの
今週号の目次
3227号

ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 異色の維新裏面史 
犬の目線から追った西郷隆盛論
西郷隆盛はなぜ犬を連れているのか
著 者:仁科 邦男
出版社:草思社
(評者)岩尾 光代
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 旧制高校の受験参考書の復刻 
受験者はどのように学んでいたのかを知る貴重な資料
現代文解釋法
著 者:塚本 哲三
解説者:佐藤 裕亮
出版社:論創社
(評者)南雲 智
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 相場に生きた者たちの営みを伝える 
冗談のような貴重な記録も
日本経済の心臓 証券市場誕生! 
編 集:日本取引所グループ
出版社:集英社
(評者)吉野 太喜
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 アートは資本主義の終焉と歴史の危機を予言する?
コレクションと資本主義
著 者:水野 和夫 、山本 豊津
出版社:KADOKAWA
(評者)秋丸 知貴
2018年2月17日
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 代表概念を解剖する 
代表制の問い直しをめぐる論争の第一線にあり続けた書
代表の概念
著 者:ハンナ・ピトキン
出版社:名古屋大学出版会
(評者)山本 圭
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 「GW150914」とは何か 
この文字列から始まる重力波天文学を追ったドキュメンタリー
時空のさざなみ 重力波天文学の夜明け
著 者:ホヴァート・シリング
出版社:化学同人
(評者)中野 寛之
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 闘争のなかの死を受けとめるということ 
六〇年代のラディカリズムを継承するために
かつて10・8羽田闘争があった 山﨑博昭追悼50周年記念
編 集:10・8山﨑博昭プロジェクト
出版社:合同フォレスト
(評者)大野 光明
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 多文化・多言語は「あたりまえ」で あることに気付かせてくれる本
多言語主義社会に向けて
著 者:平高 史也、木村 護郎クリストフ
出版社:くろしお出版
(評者)小田 眞幸
2018年2月17日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 笑いと崇拝のなかで歴史を再生させる閻連科一流のアイロニー
硬きこと水のごとし
著 者:閻 連科
出版社:河出書房新社
(評者)長瀬 海
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 謎多き探偵の人生を再構築 
現実と物語世界が意外な形でリンクする
明智小五郎回顧談
著 者:平山 雄一
出版社:ホーム社
(評者)末國 善己
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 常に挑戦的な姿勢の作家 
文学にいくつもの声を混じりこませようと
本物の読書家
著 者:乗代 雄介
出版社:講談社
(評者)坂上 秋成
2018年2月17日
読書人紙面掲載 書評 声を受け継ぎ語り継ぐ祈りにも似た熱い思い
銘度利加
著 者:十田 撓子
出版社:思潮社
(評者)岬 多可子
2018年2月17日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
次の30件を見る
1 2 3 4 5 6 7 94