読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
森友問題と大阪地検の思惑 田原総一朗の取材ノート 八重山暮らし(37) 八重山暮らし 気分に支配されることは脳に左右されるより、ずっと形而上的だ 日常の向こう側ぼくの内側 赤んぼの頃から俺のおしっこはおむつを宣伝するために青い嵯峨直樹『神の翼』(2008) 現代短歌むしめがね 魚乱 漢字点心 ひとつのショットが輝くとはこういうこと ポール・トーマス・アンダーソン「ファントム・スレッド」 映画時評 本の国へようこそ 第93回 変化・変身 本の国へようこそ 同人誌 同人誌 連 載 ヴィスコンティ ジャン・ドゥーシェ氏に聞く52 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」 ベラスケスとひとりの男消えたベラスケス:ローラ・カミング、五十嵐 加奈子/柏書房 ここを伝えたい!本の編集者より 思考の変遷を“苛烈に追体験” ジャーナリズムを真正面から問い続ける著者ジャーナリズムの実践 主体・活動と倫理・教育2(2011~2017):花田 達朗/彩流社 読書人紙面掲載 書評 現実は小説よりも奇なり スパイの本場イギリスの興趣の尽きない書英国スパイ物語:川成 洋/中央公論新社 読書人紙面掲載 書評 カフェーでの人間模様 近現代史の一コマも垣間見られる銀座カフェー興亡史:野口 孝一/平凡社 読書人紙面掲載 書評 数奇な運命を生き延びた若き歯科医の証言アウシュヴィッツの歯科医:ベンジャミン・ジェイコブス/紀伊國屋書店 読書人紙面掲載 書評 上村一夫画、松本品子編『上村一夫 美女解体新書』大阪樟蔭女子大学 柘植 未宇上村一夫 美女解体新書:松本 品子/国書刊行会 読書人紙面掲載 書評 哲学を生きる ハイデガーが残した問題から豊かな洞察を引き出す世代問題の再燃 ハイデガー、アーレントとともに哲学する:森 一郎/明石書店 読書人紙面掲載 書評 現代日本の思想誌の最良の命脈を継承多様体 第1号:人民/群衆:栗原 康、小泉 義之、佐藤 嘉幸、吉田 裕、西山 雄二、奥野 正二郎、中井 亜佐子、溝口 昭子、大江 倫子、丸山 真幸、月曜社、月曜社/月曜社 読書人紙面掲載 書評 入門書として最適 ルーマン理論の哲学的エッセンスに光を当てるラディカル・ルーマン ――必然性の哲学から偶有性の理論へ:ハンス=ジョージ・メラー/新曜社 読書人紙面掲載 書評 複眼的思考の必要性 国民国家の単一性を問い直す世界引揚者列伝1 人物で知るフランス領北アフリカ引揚者たちの歴史:大嶋 えり子/パブリブ 読書人紙面掲載 書評 一途に駆け抜ける「見えない者」と戸惑いさまよう「見える者」を描く伴走者:浅生 鴨/講談社 読書人紙面掲載 書評
今週号の目次
3235号

ネットギャリー
文芸同人誌広場
同人誌 同人誌
2018年4月17日
ここを伝えたい!本の編集者より ベラスケスとひとりの男
消えたベラスケス
著 者:ローラ・カミング
翻訳者:五十嵐 加奈子
出版社:柏書房
(この本の編集者)八木 志朗
2018年4月16日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 思考の変遷を“苛烈に追体験” 
ジャーナリズムを真正面から問い続ける著者
ジャーナリズムの実践 主体・活動と倫理・教育2(2011~2017)
著 者:花田 達朗
出版社:彩流社
(評者)高田 昌幸
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 現実は小説よりも奇なり 
スパイの本場イギリスの興趣の尽きない書
英国スパイ物語
著 者:川成 洋
出版社:中央公論新社
(評者)吉田 一彦
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 カフェーでの人間模様 
近現代史の一コマも垣間見られる
銀座カフェー興亡史
著 者:野口 孝一
出版社:平凡社
(評者)森 彰英
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 数奇な運命を生き延びた若き歯科医の証言
アウシュヴィッツの歯科医
著 者:ベンジャミン・ジェイコブス
出版社:紀伊國屋書店
(評者)西野 智紀
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 上村一夫画、松本品子編『上村一夫 美女解体新書』
大阪樟蔭女子大学 柘植 未宇
上村一夫 美女解体新書
著 者:松本 品子
出版社:国書刊行会
(評者)柘植 未宇
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 哲学を生きる 
ハイデガーが残した問題から豊かな洞察を引き出す
世代問題の再燃 ハイデガー、アーレントとともに哲学する
著 者:森 一郎
出版社:明石書店
(評者)梶谷 真司
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 現代日本の思想誌の最良の命脈を継承
多様体 第1号:人民/群衆
著 者:栗原 康、小泉 義之、佐藤 嘉幸、吉田 裕、西山 雄二、奥野 正二郎、中井 亜佐子、溝口 昭子、大江 倫子、丸山 真幸
編 集:月曜社
出版社:月曜社
(評者)宮﨑 裕助
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 入門書として最適 
ルーマン理論の哲学的エッセンスに光を当てる
ラディカル・ルーマン ――必然性の哲学から偶有性の理論へ
著 者:ハンス=ジョージ・メラー
出版社:新曜社
(評者)小山 裕
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 複眼的思考の必要性 
国民国家の単一性を問い直す
世界引揚者列伝1 人物で知るフランス領北アフリカ引揚者たちの歴史
著 者:大嶋 えり子
出版社:パブリブ
(評者)岩野 卓司
2018年4月14日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 フクシマ以後の原発文学の中で最も本質を衝いた小説
重力の帝国 世界と人間の現在についての十三の物語
著 者:山口 泉
出版社:オーロラ自由アトリエ
(評者)黒古 一夫
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 ガルシア=マルケス的要素とバルガス=リョサの語り
外の世界
著 者:ホルヘ・フランコ
出版社:作品社
(評者)柳原 孝敦
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 日本絶望工場 
「蟹工船」がここにも稼働している
光点
著 者:山岡 ミヤ
出版社:集英社
(評者)楜沢 健
2018年4月14日
次の30件を見る
1 2 3 4 5 6 7 104