林 京子氏 2月19日死去。86歳。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. トピック
  4. 林 京子氏 2月19日死去。86歳。・・・
トピック
2017年3月10日

林 京子氏 2月19日死去。86歳。

このエントリーをはてなブックマークに追加
林 京子氏(はやし・きょうこ、本名宮崎京子<みやざき・きょうこ>=作家)2月19日死去。86歳。

1930(昭和5)年8月28日長崎市生まれ。父親の赴任で少女期を上海で過ごし、45年春に帰国。県立長崎高等女学校在学中の8月9日、学徒動員先の三菱兵器工場で被爆。62年から「文芸首都」に参加、文筆活動に入る。75年に被爆の記録『祭りの場』で群像新人文学賞と芥川賞をダブル受賞。83年『上海』で女流文学賞、84年『三界の家』で川端康成文学賞、90年に『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞、00年に『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞を受賞。05年に全集(全8巻、朝日賞)が刊行された。
2017年3月10日 新聞掲載(第3180号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本