山極毅著 稼ぐ人財のつくり方|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. いい本を読みましょう
  4. 山極毅著 稼ぐ人財のつくり方・・・
いい本を読みましょう
2017年3月17日

山極毅著 稼ぐ人財のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業経営の上で従業員の雇用、教育、管理、登用について考えることは必須のミッションであり、また人事の業務における最重要課題である。しかし十人十色の異なったパーソナルを扱うため、企業の大小問わず常に困難さが伴う。本書著者で経営人事パートナーズCEOの山極毅氏はこの課題を克服すべく、一筋の光明を見出す。

著者はもともと日産自動車に在籍し、同社が経営再建に取り組んだときに人事職に従事した。日産自動車復活を人事の側から支えた戦略的ノウハウを実例も交えつつ、本書では惜しげもなく披露していく。

本書はSWP(戦略的人事)という考え方を軸に、人事における業務の再検証を提示していく。データ集積と活用の必要性、9つのボックスを用いたフレームワークを駆使して短中長のビジョンを明確にする方法、社員個々のタレント性に着目した人員配置のシュミレーションなどかなり実践的な内容になっている。

グローバル企業の中での経験も踏まえ、現場で実感した日本人と外国人の働き方と考え方の比較も行う。お互いの長所短所を指摘し、優れた部分を活用していく人事の現場の最前線が本書でうかがえる。
(日本経済新聞出版社刊・四六判/二二〇頁・一六〇〇円)
2017年3月17日 新聞掲載(第3181号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本