藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察・・・
催しもの
2017年3月17日

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

このエントリーをはてなブックマークに追加
開催中~5月14日、水戸芸術館現代美術ギャラリー(水戸市五軒町1―6―8)、
9時半~18時(入場は17時半まで)、月曜休館(3月20日開館、翌21日休館)、
一般800円、
TEL:029・227・8111。

建築家・藤森照信(1946―)が建築と自然との関係を取り戻すべく取り組んできた「自然素材をどう現代建築に生かすか」「植物をどう建築に取り込むか」というテーマから、代表的な建築をスケッチ、模型や写真で紹介。これまで手掛けた建築の素材見本、家具なども展示する。
2017年3月17日 新聞掲載(第3181号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
建築関連記事
建築の関連記事をもっと見る >