『美しいものを』 暮しの手帖社より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 『美しいものを』 暮しの手帖社より刊行・・・
出版メモ
2017年3月17日

『美しいものを』 暮しの手帖社より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮しの手帖編集部編『美しいものを 花森安治のちいさな絵と言葉集」が暮しの手帖社より刊行された。B6変144頁、本体1600円。

『暮しの手帖』初代編集長・花森安治氏初の創画集。ジャーナリストであるとともに、表紙画、挿画、レイアウトまで手掛けるアーティストでもあった花森氏は、原稿を読むと、「ここに絵が入るといいな」と、何も見ずにさらさらと楽しそうに挿画を描いたという。本書には「花森安治の美学」をテーマに厳選した500点余りの挿画と、「必要なものは、美しい。(『一銭五厘の旗』「美しいものを/1968年」)」といった、暮らしの美学に触れる結晶のような言葉を収録。おしゃれで美しい挿画とともに、花森氏の「美しい暮らし」への思いに魅せられる一冊。
暮しの手帖社TEL:03・5338・6012(営業部)
2017年3月17日 新聞掲載(第3181号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本