ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事 / ダイナ・フリード(マール社)あの物語に描かれた食事シーンが今よみがえる!|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事 / ダイナ・フリード(マール社)あの物語に描かれた食事シーンが今よみがえる!・・・
ここを伝えたい!本の編集者より
2017年4月4日

あの物語に描かれた食事シーンが今よみがえる!

ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事
出版社:マール社
このエントリーをはてなブックマークに追加
小説を読んでいて印象に残るのは主人公たちの食事。この本は、英米文学を中心とした海外小説50篇に登場する食事シーンに注目し、それを再現した写真集です。
収録する作品は、『不思議の国のアリス』『オリバー・ツイスト』『ライ麦畑でつかまえて』『グレート・ギャツビー』『ユリシーズ』『重力の虹』など。古典から現代もの、児童文学から実験小説までと時代やジャンルはさまざまです。また、小説のセレクトと同様、登場する料理もフランス料理、シリアル、フルーツ、お菓子、ファストフード、果ては残飯から土まで…とバラエティーに富んでいます。再現写真のほか、小説中の食事シーンの抜粋文、食べ物の豆知識や作家のエピソードに触れた脚注がつき、作品への興味を促します。また、写真は料理だけではなくテーブルアレンジにもぜひご注目ください。著者のダイナ・フリード氏がデザイナーということもあり、食器やテーブルクロスといった小道具のチョイス、食材の盛りつけ、配色、セッティングなど、細部に至るまで演出が凝っていて、抜粋文と照らし合わせながら見るとそのシーンの雰囲気をより味わえます。

日本語版の発行に際し、食事シーンの抜粋文を既存の邦訳から使わせて頂きました。数ある名訳の中から選定する作業は大変でしたが、読者の方が「この作品を読んでみたい」と思った時に入手しやすいよう、なるべく現在発行されているものや文庫から選びました。巻末には、邦訳書の一覧も掲載していますので、本書で気になる本を見つけたらぜひ邦訳書にも手をのばして頂ければと思います。

読んだことがない本はもちろん、昔読んだことのある本は改めて読み直したくなる…そんな案内に仕上がっています。また、小説ファンの方だけでなく、写真が好き、食べるのが好き、小物やインテリアが好き…という方々にも楽しんでもらえる気軽な一冊になっています。つまみ食いをするようにパラパラと眺め、好みのひと皿をぜひ見つけてみてください。
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ここを伝えたい!本の編集者より」を募集しています
この記事の中でご紹介した本
ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事/マール社
ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事
著 者:ダイナ・フリード
出版社:マール社
以下のオンライン書店でご購入できます
人生・生活 > 食・料理 > グルメと同じカテゴリの 記事