ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談 Vol.2 あるある考・後編 (全4回連載)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談 Vol.2 あるある考・後編 (全4・・・
WEB限定
2017年4月14日

ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談
Vol.2 あるある考・後編 (全4回連載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
大好評の「パピプペポ川柳」特集第2弾。今回はパピプペポ川柳創始師範で、元『週刊プロレス』編集長・ターザン山本さんと、「あるある」芸で大人気のお笑い芸人・レイザーラモンRGさんの対談が3月15日(水)に実現! 日本語の可能性を広げたパピプペポ川柳と、一言で笑いを生み出すあるあるがどう混ざりあうのか。そして、自らの師と仰ぐターザン山本さんに対しRGさんは何を語るのか。パピプペポ川柳愛好家をはじめ、お笑いファン、プロレスファン必見のトークを「週刊読書人ウェブ」限定、短期集中連載!!


あるあるが出来るまで

ターザン山本(以下山本)
RGさんは長いことHGさんとコンビを組んできたんでしょ?はじめの頃はどういうネタをやっていたんですか?
レイザーラモンRG(以下RG)
 HGとは大学のプロレス同好会以来の付き合いですからね。大学4回生のときにコンビを結成して、最初のネタを考えるにあたり、お互い大学4年間ずっとプロレスを頑張ってきたし、その頃はネプチューンさんの体を張ったコントが好きだったので、ネタにプロレスの動きを持ち込みました。
山本
 お笑いの俎上にプロレスをあげたんだ。
RG
 手法は漫才ですが、中身はプロレスでした。そのネタが最初に挑んだオーディションで大ウケだったんですよ。それで僕らも自信をつけて、オーディション直後の「今宮こどもえびすマンザイ新人コンクール」にも挑戦したんです。この賞はダウンタウンさんやナインティナインさんなど、今もトップで活躍している方々が受賞している、由緒あるコンクールで、僕らは初出場にもかかわらず優勝しました。この賞が僕らをプロの芸人の道へ導いたんです。
山本
 お笑いの世界に乗り込んで、華々しいスタートを切ったんだ。ただ、その後はみんなも知っての通りで、HGさんだけが大ブレイクして、テレビで見かけない日はなかった。その間、RGさんは相方と肩を並べることが出来なかったですよね。答えにくい質問かもしれないけれど、その時のRGさんの心境、あるいは精神状態って、どんな具合でした?
RG
  HGがハードゲイというキャラクターでヒットした時は「うちの相方、おもろいやろ」って気持ちでしたね。仲もよかったし、僕らコンビはお笑いの世界で虐げられている期間が長かったから、HGのおかげで世間の耳目を集めることが出来た。正直、嬉しかったですよ。
山本
 普通、相方が1人でブレイクしたら落ち込んで、妬んだりするだろうけど、RGさん自身ネガティブにはならなかったんだ。
RG
 深刻にならずに済んだのは、周囲の方たちが励ます意味も込めてアドバイスしてくれたことが大きかったと思います。だから僕も、優しさ溢れる先輩方に喜んでもらいたい一心で、がむしゃらに前に出て、笑いに繋げようとする姿勢を身に着けました。今でこそRGは強靭なハートで、どこにでも果敢に向かっていく人間だと見られていますが、それは本来の僕ではない。先輩方の愛情に触れ、前に出ないことが悪であると教えてもらったからこそ、今の芸風が生まれたんです。
山本
 RGさんは本当にいい先輩たちに恵まれましたね。HGさんが注目を一身に集めることによって、むしろ先輩たちから大事にされて、今のRGさんという芸人が完成したんだ。
RG
 「HGがヒットしている裏で、遮二無二頑張っている可哀想なRGを俺らがなんとかしてやる」。そんな先輩たちの思いが実を結び、今日のあるある芸が誕生しました。僕は得意の曲を歌って最後にあるあるでオチをつけます。でも、あるあるに辿り着くまで僕は気持ちよく歌っているだけですから、見てる人は「はよ言えや」と囃し立てる。そしてオチがつまらなかったら「何や、それ」。面白かったら「おーっ」と、とにかく僕のネタに対して声をかけてくれるんです。だから僕のあるあるは過保護が故の集団芸なんです。先輩たちが向けてくれる愛に背いて反骨精神だけで一発逆転を狙っていたらあるあるは誕生しなかったでしょうね。

最初のあるある

山本
 RGさんのあるあるには、たくさんのドラマが詰まっているんですね。ところで、最初に作ったあるあるってどういう内容だったの?
RG
 「歌舞伎あるある」が元祖です。
山本
 歌舞伎のあるある!? なんでまた、そんな大ネタを取り上げたんですか(笑)。
RG
 僕の坊主頭と、ふとした時の鋭い目つきが、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんっぽいと突っ込まれたことが歌舞伎を選んだきっかけです。でも、いきなりあるあるに入ったわけではなく、当初は海老蔵さんのモノマネ有りきのネタでした。頭の中で海老蔵さんを連想させるものは伊藤園の「お~いお茶」のCMで、これを切り口に、石井明美さんの『CHA-CHA-CHA』という曲を組み合わせて、「おーいお茶茶茶」という歌詞の替え歌を作り、歌いながら海老蔵さんのモノマネをしたものが原型です。そこからあるあるに発展・進化させるべく、「歌舞伎あるある早く言いたい」というフレーズを入れ、サビまで歌い、オチを「中村勘三郎さんのことを勘九郎さんって言ってしまいがち」でまとめて、あるあるを完成させました。当時は勘三郎さんが襲名直後でしたので。
山本
 その「歌舞伎あるある」で再出発を図ったんだ。
RG
 このネタをいろいろなライブで披露しながら、平行して番組オーディションにも参加しましたが、なかなか選考通過は出来ませんでしたね。それでも唯一、ダウンタウンさんの『リンカーン』という番組が拾ってくれたんです。番組のネタ見せで、松本人志さん、宮迫博之さん、三村マサカズさんら大御所芸人を前に「歌舞伎あるある」を歌い、ここでも愛のあるツッコミをいただいて、あるあるが日の目を見ました。番組オンエアの後、ケンドーコバヤシさんのラジオ番組にも呼んでいただき、即興で曲とあるあるを組み合わせるチャレンジをさせてもらいました。その結果、ネタのバリエーションが広がり、代表作「手羽あるある」に発展することが出来たんです。
山本
 ヒット曲とあるあるネタが上手くドッキングしたのはラッキーだったね。みんなが知っている曲だと見ている側にもわかりやすいしさ。
RG
 もともと子どもの頃から音楽が好きでしたし、高校生の頃にバンド活動をしていたので歌うことは好きでした。つまり、あるあるは僕が歩んできた道そのものなんです。
山本
 従来のあるあるネタっていう概念をRGさんは得意の歌によって作り替えた。それじゃあ他の人は簡単に真似できないよね。
RG
 山本さんのおっしゃる通りで、ステージ上で「あるある言いたい」のみ30~40秒歌い続けるなんて、普通は尻込みすると思います。でも僕なら、「HGが売れた裏の惨めなRG」という構図が成立し、ネタの最中みなさん励ましてくれる。だから歌いきることが出来るんです。これからも、僕は常に「みなさんの貴重なお時間の中で歌わせていただいている」という気持ちを持って舞台にあがるつもりです。「俺のネタおもろいやろ」と自惚れた瞬間、僕は破滅するでしょうね。

夢の舞台であるある

山本
 一昨年の大晦日、さいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベントRIZINにRGさんも出演して、見事にあるあるを歌いあげていましたが、ようやく念願が叶ったんじゃない?
RG
  皆さんに支えられて、遂に夢のステージであるあるを披露出来ました。RIZIN出演に至ったのも、開催前に勝手に作った「RIZIN煽りラップ」の動画が大会関係者の目に留まったからなんです。
山本
 僕が聞く限り、あの日のRIZINあるあるは最高傑作だよ!
RG
 「ヒョードルあるある」などですかね。山本さんにそう言ってもらえて感無量です。
山本
 何よりRIZINで歌っているRGさんは自信が漲っていた。日本人って普通、大舞台に立つと照れて実力が出せなくなるけど、RGさんは恥ずかしげもなく大熱唱していた。
RG
 自信って大事ですよね。他の芸人さんのネタを見ていても堂々と披露しているほうが面白いですから。面白いかつまらないかは後の話。まず、どんなネタでも自信を持ってオープンにする。そうすれば見ている僕らも笑っちゃうし、時々感動しますから。
山本
 RGさんの歌声は透き通っているから、テレビ越しにもよく届いてくる。それがなんとも魅力的なんだよね。
RG
 歌い続けてきたおかげで、昔は出せなかった高いキーの曲も歌えるようになりましたよ。喉は筋肉なので、僕はあるあるを歌うことにより筋トレの効果を得たんです(笑)。
山本
 日頃の鍛錬の成果がRIZINという大舞台で発揮されたんだ。RIZIN出演後、評判は上がったんじゃないですか?
RG
 ここまでよく登りつめたとお褒めはいただきましたが、毎回RGが出てきてウザいという人も中にはいましたね(笑)。僕のネタはとにかく時間を使うので、あるあるの答えだけを知りたい人にとっては心に響かないみたいです。だからRIZIN出演が契機になって、あるあるの今後の課題が見つかったと言えますね。

怨念とあるある

山本
 RGさんご自身、あるあると共にここまで昇りつめるまで、本当に長いタメがありましたね。タメた時間が長かったおかげで、心と体と言葉が磨かれて、本物の自信を身につけた。自信があるから、魅力的なあるあるが次々と飛び出すんだよね。だから今のRGさんのあるあるには勢いがあるし、何より瞬発力が光っている。
RG
 優れたあるあるの条件が、お題に対する反射速度と言葉のキレですから、確かに僕の自信があるあるの瞬発力を生んでいるかもしれませんね。実は僕の後輩にも冬の時代を乗り越えて言葉の瞬発力を獲得した芸人がいるんです。
山本
 そんな人がいるんですか?
RG
 お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司なんですが、彼も僕同様、お笑いの世界において、雌伏の時代が長かったし、若ハゲという惨めさを露呈させているんです。だから僕以上に辛い思いをしてきたかもしれません。そんな斎藤が試行錯誤の末見つけたのが、「なあ斎藤」と振られたとき、とにかく早く「ペ」と返す芸でした。
山本
 「ペ」だけじゃコミュニケーションもへったくれもないじゃないですか。
RG
 斎藤の場合はただの空返事じゃないんです。見た目にも強烈な個性が振りに対してものすごい速さで「ペ」と返すから笑いに繋がるんですよ。斎藤の悲しみとハゲが融合して発射された「ペ」という極限の瞬発力が奇跡を生みました。斎藤が放つ「ペ」1語は、彼の物語そのものなんです。
山本
 「ペ」だけなのに、そこまで人間のドラマが浮かんでくるんだ(笑)。
RG
 各々が抱えているバックボーンを見せることって、どんなネタにおいても大事だと思うんですよ。あるあるだって僕の半生が垣間見えた方がネタに共感してもらえますし。
山本
 それはプロレスにも同じことが言えるよね。
RG
 長州力さんや天龍源一郎さんら名選手の試合も、やはり個々人の生き様が見えた方が何倍も面白く観ることが出来ますよね。
山本
 長州力という男も辛酸を嘗めた時代が長かった。だからこそ彼の試合は魅力的だし、何より「オレはお前の噛ませ犬じゃない!」という瞬発力が口をついて飛び出した。
RG
 辛い時代を乗り越えてこそ、真の瞬発力を身につけられるということですね。
山本
 でもそれってある意味、恨みに満ちた怨念言語だよね(笑)。
RG
 斎藤の「ペ」は呪詛ですから(笑)。それでいてポップなんだから、なおさら面白いんです。そう言えば、去年大ブレイクしたピコ太郎の「PPAP」しかり、全て山本さんが提唱するパピプペポ、破裂音の面白さに繋がっているじゃないですか。
山本
 僕から言わせれば、破裂音っていうのはビッグバンの大爆発で宇宙が誕生した時の音なんだよね。この世界はパピプペポで出来ているんだよ。
RG
 ではビッグバン改め、ピックパンなんですね(笑)
山本
 だからこそパピプペポは万人が共感できるユーモアなんだよね。斎藤さんもピコ太郎さんも本能でパピプペポの力を引き寄せたんじゃないかなあ。
あるある=忘れがち

山本
 いろいろ話を聞いてきましたけれど、RGさんって「誰よりもあるあるに愛された男」だったんですね。
RG
 あるあると正面から向き合ってきて、どんなに苦しくても逃げなかったから愛してもらっているのかもしれませんね。それに、極上のあるあるを出せた時って何ものにも変えられない究極のエクスタシーなんですよ。だから、あるあるイコール性行為だと言えるかもしれませんね(笑)。
山本
 最高のあるあるが放たれた瞬間の身体の反応が射精感に取って代わるんだ(笑)。そういう優れたあるあるって、きっと脳内で導き出してないでしょ?
RG
 脳ではなく、脊髄から言葉が飛び出していくイメージです。ただ、出ていく感覚はあるのに不思議とあるある自体のことは覚えていないんですよ。「OLあるある 羽織りがち」は周りが書き残してくれたので思い出せましたが、それ以外は記憶にない。
山本
 自分の口で発した言葉をいちいち覚えていたら前に進めないですよ。口から出た言葉を忘れる。これは言語表現者として最大級の才能です。
RG
 そうなんですか?
山本
 僕だって普段、喋ったことは覚えているけど話した内容は全く覚えていないから(笑)。RGさんはあるあるを覚えていないというより、捨てている。それってすごく大事なことで、記憶の数だけ新しい思考の妨げになるから、常に頭は空っぽにするべきなんです。
RG
 なるほど。じゃあ僕はあるあるで脳をキレイにしていたんだ。あるあるにはデトックス効果もあったんですね(笑)。

あるある考・前後編を通して、あるあるとパピプペポ川柳、2つの言語表現と考え方が交錯しながら、あるあるの持つ面白さの真髄を探り当てることができました。
次回、名編集長ターザン山本がレイザーラモンRGの半生に深く切り込んでいく「RG考 前編」をお届けします。配信は4月21日(金)予定、乞うご期待! つづきを読む


■ターザン山本×レイザーラモンRG対談 vol.1 あるある考・前編はこちら
■『パピプペポ川柳傑作選 #0』刊行記念のターザン山本さん×サンキュータツオさん対談(2017年1月27日号掲載)はこちら

このツイートボタンから「パピプペポ川柳」に投稿ができます!


【レイザーラモンRGさん関連情報】
今年も4月20日(木)~23日(日)
「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」開催!

この記事の中でご紹介した本
人生はあるあるである/小学館よしもと新書
人生はあるあるである
著 者:レイザーラモン・RG
出版社:小学館よしもと新書
以下のオンライン書店でご購入できます
パピプペポ川柳傑作選 #0/リアリックス
パピプペポ川柳傑作選 #0
著 者:ターザン山本
出版社:リアリックス
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
ターザン山本 氏の関連記事
レイザーラモン・RG 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
芸術・娯楽 > 芸能 > お笑い関連記事
お笑いの関連記事をもっと見る >