ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談 Vol.3 RG考・前編(全4回連載)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談 Vol.3 RG考・前編(全4回連載・・・
WEB限定
2017年4月21日

ターザン山本(元『週刊プロレス』編集長・パピプペポ川柳創始師範)×レイザーラモンRG(お笑い芸人)対談
Vol.3 RG考・前編(全4回連載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
大好評の「パピプペポ川柳」特集第2弾。今回はパピプペポ川柳創始師範で、元『週刊プロレス』編集長・ターザン山本さんと、「あるある」芸で大人気のお笑い芸人・レイザーラモンRGさんの対談が3月15日(水)に実現! 日本語の可能性を広げたパピプペポ川柳と、一言で笑いを生み出すあるあるがどう混ざりあうのか。そして、自らの師と仰ぐターザン山本さんに対しRGさんは何を語るのか。パピプペポ川柳愛好家をはじめ、お笑いファン、プロレスファン必見のトークを「週刊読書人ウェブ」限定、短期集中連載!!


七転び八起き(幼少時~中学まで)


ターザン山本(以下山本)
 RGさんの幼少時代の話を聞かせてください。そもそも生まれはどちらですか?
レイザーラモンRG(以下RG)
 出身は熊本で、小学4年生の時まで住んでいました。
山本
 小さい頃はどんな性格だった?
RG
 調子乗りでおっちょこちょいでしたが、それでも成績優秀で神童ともてはやされてましたね。ただ調子乗りが災いして小学2年生の時に自転車事故を起こし、転んだはずみで頭蓋骨が陥没しました。
山本
 そんな小さい頃に頭蓋骨陥没なんて大事故じゃないですか!
RG
 当時の最先端機器で脳を隅々まで調べるほどの大きなタンコブが出来ましたよ(笑)。九死に一生は得たんですが、事故以来全く勉強出来なくなってしまって、以前とのギャップに戸惑いしばらく心がモヤモヤしていましたね。追い打ちをかけるように小学4年生の二学期に親の仕事の都合で愛媛に引っ越すことになりました。夏休み明けの転校でしたので、友だちは出来ないし、勉強も出来ないままだから自分自身が空っぽって感じでしたね。どうしてこんなことになったんだろうって切実に思っていましたもん。
山本
 子供心に自らの運命を呪ってしまったんだ。
RG
 だからといって気持ちが塞がったままでは何もはじまらないので、見知らぬ地で昔のちやほやされた自分を取り戻すべく、周囲にハッタリをかます癖をつけました。「実は俺、足が速いんだ」とか「みんなが知らないことを知っているよ」なんてことをとにかく言ってましたね。新天地でウジウジしたままだとイジメられてしまうと思って。流行っているゲームがあれば前もってゲームの事を調べて知識をひけらかしたり、運動もみんなの前でカッコよく披露出来るよう隠れて練習しましたから。
山本
 先手必勝の策に打って出るために、何事にも予習をして臨んだんだ。
RG
 この経験があるあるを探すための入り口なのかもしれないです。とにかく周りからナメられたくなかった。おかげで愛媛での小・中学校時代は落ちこぼれずに済みました。
山本
 周囲に認められるためにクラスのリーダーを務めたりもしたの?
RG
 学級長はやりましたし、生徒会の副会長にもなりました。とにかくクラスや学校全体の中心グループに食らいついていきましたよ。
山本
 小・中学校時代はむしろ仕切る側に回れたんだ。
RG
 頭を打ったあとの1,2年間の悔しさが僕を後押ししました。
山本
 環境の変化と肉体のダメージを克服するためとはいえ、14、5歳までの間にそこまで考えたんだ。ませてますね。
RG
 その年代って、周りからナメられた時点で終わりじゃないですか(笑)。

両親との距離感(学生時代~芸人になるまで)


山本
 RGさんは大人になって、芸人というある種、修羅の道に進みましたよね。でもご両親からしたら子どもに望んだ姿とかけ離れていたかもしれません。他の人と同じように社会人生活を送っていた方が親御さんも安心出来たと思うけれど、親の気持ちに対するご自身の葛藤はありましたか? そういった点も含めて、これまでのRGさんとご両親との関係性を聞いてみたいです。
RG
 僕も子を持つ身になったので、今なら両親が心の底から愛情を注いで育ててくれたことは痛いほどわかりますし、なおさら親には感謝をしています。しかし今の心境に至るまで、親の仕事の都合によって転校を余儀なくされたことを、恨めしく思っていましたし、努力しても乗り越えられない社会の不条理を目の当たりにして世界に冷めてしまった。それ以降、親に過度の期待を抱かず自分で克服していく道を模索するようになり、あまり親には迷惑をかけないよう心がけました。
山本
 転校という人生最初の転機の衝撃が大きすぎたんだ。子どもは成長するにつれてそれなりに親に反発するけど、それって親に対する甘えなんだよね。RGさんの場合は早々に社会の現実を覗いてしまったがために、甘えることを放棄したドライな人間になって、自立の道を選択したわけだ。
RG
 中・高校生の頃はテレビやラジオの深夜番組を視聴することが生活の主になっていたので、家族とはすれ違いの日々を過ごしていました。物理的にも一線引いちゃってたんです。その頃は夜中に起きて一生懸命プロレス番組を観ていましたよ(笑)。
山本
 熊本で神童と呼ばれたはずなのに、こうも人間性が変わっちゃうものなんだな。
RG
 高校卒業後は一浪して立命館大学に進学しました。ただ、私大に進学した後ろめたさがあって、親からの仕送りは全部断っていましたね。その分バイトも数をこなし、奨学金にも申し込んで京都での生計を立てていました。
山本
 子どもが大学に進学して下宿までするようになったら、親としては頼られたかったと思いますよ。周りの学生だって親からたくさん援助を受けていたでしょうし。
RG
 僕からすれば私立大への進学というだけで相当な親不孝をしていると思っていましたから。どうせなら大学へ進まず働いた方がよかったかもしれないです。でも大学には絶対に入っておけと親に押し切られました。
山本
 大学卒業後は就職はしたの? それともすぐにお笑いの道に進んだ?
RG
 就職はしました。これが親に対する気遣いの最上位かもしれません。卒業前に漫才で賞を取っていたとはいえ、大学に行かせてもらったことは紛れもない事実なので、まず親には安心してもらいたかったんです。
山本
 でも結局はお笑いを選んだ。
RG
 親には前もって賞のことを伝えていましたが、仕事を辞める時になって「あんたはいつか芸の道に進むと思っていた。この日が来ることはわかっていたよ」と声をかけられました。高校時代に文化祭でバンド活動をしていたことも知っていたので、人前に出るのが好きな子だと、最初から理解してくれていたんです。
山本
 子どもの頃からずっと親御さんに気を遣っていたけれど、結局、心の内を見抜かれちゃってたんだ。親からすれば子どもの考えることなんて何でもお見通しなんだよね(笑)。

『ガロ』を目指す(大学時代1)


山本
 大学ではどういう勉強をしたの?
RG
 正直、勉強したことはあまり覚えていないですね(笑)。バイトをしなければならなかったし、何より学生プロレスに没頭していましたから。それと表現志向が強かったこともあって、一時期漫画家を目指してひたすら漫画を描いていたんですよ。
山本
 RGさん漫画家志望だったんだ!? また狭き門を選んだね。それで、どういう漫画を描いていたの?
RG
 当時付き合っていた彼女にみうらじゅんさんや花くまゆうさくさんら漫画雑誌『ガロ』系の作家の漫画を紹介してもらって、独特の「ヘタウマ」な作風に心を奪われたんです。それ以来、真剣に『ガロ』掲載を目指して、実際に出版社の青林堂にも持ち込んだんですよ。
山本
 『ガロ』なんて久しぶりに聞いたよ! それにしてもアナーキーなところに踏み込んだね(笑)。僕も『ガロ』は大好きだったし、何より僕が読んでいた頃は漫画界を席巻していたんだよ。でもRGさんの周りに『ガロ』を知っている人なんてほとんどいなかったでしょ。
RG
 そんな知る人ぞ知るアングラさが僕を虜にしたんです。特につげ義春さんの作品に惹かれて『ねじ式』や『ゲンセンカン主人』といった陰影のある絵を模写して勉強しました。大学生活における「つげ義春模写時代」とでも言いましょうか(笑)。
山本
 僕もつげさんの漫画は大好きですよ。それにしても初耳の話ばっかりだな(笑)。
RG
 あまり公言してないですから(笑)。それに加えてつげさん周りの文化にもハマり、はっぴいえんどや頭脳警察、カルメンマキ&OZといった70年代反戦音楽を深夜に聞きながらつげ義春の孤独な世界観に没入していたのが大学3、4回生の頃でしたね。
山本
 つげ義春の世界っていうのは社会不適合者の話ですよ。それに『ガロ』は貧乏イズムの塊だから社会生活から脱落する一歩手前じゃないですか(笑)。
RG
 『ガロ』って作家が誌上デビューしても原稿料は貰えないと聞きましたから、自力で稼げるようになるまではひたすら貧しさを享受しなければいけないわけですよね。それって僕が所属している吉本興業の考え方とそっくりで、新人の芸人たちは給料が安いとしょっちゅう愚痴をこぼしていますが、名前が売れていない人間がいきなり高給取りになれるわけがない。たくさんのお客さんに見てもらい、一人前だと認められるようになったらたくさんお金を貰いなさいということの示唆ですから。僕は『ガロ』のソウルを知っているので、認めてもらうまでどんなに生活が苦しくても頑張ってこれた。『ガロ』があったからこそ、今では携帯ゲーム会社のCMであるあるを歌わせてもらっているんです(笑)。
山本
 『ガロ』なんて口に出す人、今はほとんどいないのにね。深夜、つげ義春を模写する鬱々とした生活の伏線がようやく回収されたんだ。
RG
 『ガロ』を読み、漫画を描きまくっていた日々は決して無駄じゃなかったんです。

学生プロレスと毒(大学時代2)


山本
 つげ義春を模写しながらも、学生プロレスは続けていたんでしょ?
RG
 学生プロレスは昼間の活動でしたから。僕の所属していたプロレス同好会では月1回試合がありましたし、近所にプロレス団体が来たら観戦しに行ってましたよ。
山本
 RGさんのプロレス遍歴におけるアントニオ猪木とジャイアント馬場のポジションはいかがです? プロレスに関わる人間としては外せない命題ですよ。
RG
 馬場さん門下の三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明ら「四天王」のプロレスは大好きでしたし、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也ら猪木さん一派の「闘魂三銃士」の試合も夢中になって観ていましたから、僕の中では両雄並び立っていますね。それに僕が大学生の頃はパンクラスやリングスといった総合格闘技の団体も出来たので、そっちの試合にも足を運びましたし。この頃の山本さんはUWFの仕事を離れて、パンクラスの記事を書かれていましたよね?
山本
 90年代の話だね。懐かしいな。
RG
 それと同時期に「同志社プロレス同盟」の創始者のひとりである田中正志さんがアメリカに滞在していてアメリカのプロレス団体「WCW」「WWF」「ECW」のビデオを頻繁に送ってくれたんですよ。そのビデオを通じて「アメリカのプロレスシーンが面白くなっているぞ」と教えてくれ、同時に「プロレスの隠語」を僕らに吹き込みました(笑)。
山本
 表向き華やかなプロレスに潜むダーティな部分すら飲み込んで楽しもうってことだ。大学で無垢にプロレスを楽しんでいる子たちに危険思想を植えつけてきましたね(笑)。
RG
 僕なんかはプロレスの裏側を知って余計にのめり込んでしまったクチですが、プロレス同好会には純粋に「四天王」のプロレスの正統さが好きな人も多く在籍していて、彼らはプロレスの裏を知ることを拒み抜けていきました。
山本
 RGさんにとってプロレスの毒は魔性の秘薬だったんだ。でもプロレス同好会を辞めていった人たちにとっては劇薬でもあった。毒を飲まされて蝕まれるくらいだったらプロレスファンを卒業していくと。
RG
 僕にとってラッキーだったのは毒を飲み込んだ仲間にHGや現役プロレスラーでトップに君臨する棚橋弘至がいたことですね。
山本
 プロレスの毒を含んでなお楽しむ感覚ってあるあるにも繋がるんじゃないの? あるあるは言葉の裏側にある毒性に共感を求めるじゃない。言葉の二重構造を読み解くポエティックな発想を土台にしているから生真面目な人には通じないでしょ。
RG
 なるほど。では当時プロレス同好会を辞めていった人たちは、僕のあるあるを受け付けてくれないんだ。
山本
 受け付けないというより、拒絶するんじゃないかな。
RG
 好みが分断してしまったわけですね。そう考えれば僕のプロレス遍歴は猪木さん、馬場さん以上に田中正志さんの存在が暗躍している(笑)。
山本
 田中正志という毒を飲み込んだRGさんが見つけた他と違うプロレスの楽しみ方は、あるあるを受容できるか否かのリトマス試験紙の役割も果たしているってことだ。
RG
 リトマス試験紙なんて生易しいものじゃないですね。むしろ踏み絵だと(笑)。
山本
 踏むか踏まないか、命がけだったんだ。
RG
 真っ当なプロレスファンとして生きるか死ぬかの究極の二択じゃないですか。同好会を辞めていった人たちは、今でもきっと「四天王」、「闘魂三銃士」の絵を踏めないでしょう。プロレスの踏み絵を踏みぬいた僕のあるあるは、さぞ邪なものだと嫌悪されているんだろうなあ。

RGさんの過去に秘められた真実を突き止め、普段テレビなどで見ることが出来ない素顔をターザン山本さんの前にさらけ出した「RG考 前編」。
次回、いよいよ対談のクライマックス! RGさんが師と仰ぐターザン山本さんへの熱い思いをぶつける「RG考 後編」。『週プロ』、「ハッスル」、「夢の架け橋」などファンにはたまらない話も飛び出します。配信は4月28日(金)予定、乞うご期待!


【関連記事】
■ターザン山本×レイザーラモンRG対談 vol.1 あるある考・前編
■ターザン山本×レイザーラモンRG対談 vol.2 あるある考・後編
■『パピプペポ川柳傑作選 #0』刊行記念のターザン山本さん×サンキュータツオさん対談(2017年1月27日号掲載)

このツイートボタンから「パピプペポ川柳」に投稿ができます!


【レイザーラモンRGさん関連情報】
今年も4月20日(木)~23日(日)
「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」開催!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本