旅|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

漢字点心
2017年5月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

この漢字、成り立ちの上では、左半分の「方」に右上の「」までを加えた形と、それ以外の部分とに分かれる。前者は「旗」にも含まれていて、高く掲げて風になびかせる目印を表す形。後者は、「人」を二つ並べた形が、変化したもの。つまり、もともとは、「旗」の後ろを「人」がぞろぞろと付いて行くことを表す漢字なのである。

昔は、遠くへと出掛けることは多くの危険を伴ったから、団体行動は不可欠だった。武器を携えるのも必須であり、「旅」とは、しばしば、軍隊そのものでもあった。現在でも、軍隊の編成単位の一つとして、「連隊」や「師団」と並んで「旅団」があるのは、その名残である。

そんな命がけの「旅」も、現在では、日常を忘れて楽しめる、気軽なものとなった。とはいえ、ちょっと油断をするとさまざまな危険が待ち受けているのが、「旅」の常。このゴールデンウィーク、「旅行」に出かける方も多いだろう。くれぐれもご用心のほどを。
2017年4月28日 新聞掲載(第3187号)
このエントリーをはてなブックマークに追加