「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展他|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展他・・・
催しもの
2017年5月2日

「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展他

このエントリーをはてなブックマークに追加
「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展が、町田市立国際版画美術館で開催中。一九六〇年代から最新作まで、全版画約二三〇点と、これまでポスターと見られてきた約二〇点の、約二五〇点を展示。本人も久し振りに目にして「こんな作品あったかな」と言うほど、圧倒充実の大回顧展。「僕の版画はジャングルに密生する多様な植物と同様、多様な様式が特徴」「北斎の国際性にちなんで「HANGA」が国際言語になりつつある」(本紙四月二十一日号掲載の日記から)という二点から決定した展覧会タイトル。鑑賞者は色彩豊かなHANGAの密林に分け入り、様々な生命の息遣い、根源的な生のエネルギーに浸る。



▽会期:~六月十八日(日)
▽町田市立国際版画美術館/東京都町田市原町田四―二八―一
▽TEL:〇四二―七二六―二七七一▽月曜休館▽開館時間:十時~十七時(土日祝~十七時半)▽観覧料:一般八〇〇円▽関連イベント、〈横尾忠則・大和悠河対談〉〈横尾忠則・蜷川実花対談〉など。
詳細・申込は当館HPで。
町田市立国際版画美術HP

なお、横尾忠則現代美術館では「ヨコオ・ワールド・ツアー」展を開催中。創作のイマジネーションの元となった海外への旅、画家への転身を決定づけたニューヨーク近代美術館でのピカソ展、ビートルズ、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、トム・ウェッセルマン、ロバート・ラウセンバーグとの出会い、三島由紀夫の言葉に導かれたインド、ハワイやタヒチ島の楽園、ジャングルへの憧れ―アマゾンへの旅…そして各国美術館、ビエンナーレ出品。世界へ拡がる横尾作品世界を辿る!

▽会期:~八月二〇日(日)▽住所:神戸市灘区原田通三―八―三〇
▽TEL:〇七八―八五五―五六〇七▽月曜休館(月曜祝日は火曜休館)
▽開館時間:十時~十八時(金土~二〇時)▽観覧料:一般七〇〇円
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年4月28日 新聞掲載(第3187号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
芸術・娯楽 > 美術と同じカテゴリの 記事