神奈川大学評論 第86号|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 神奈川大学評論 第86号・・・
出版メモ
2017年5月9日

神奈川大学評論 第86号

このエントリーをはてなブックマークに追加
アカデミック・ジャーナリズムをコンセプトとする雑誌『神奈川大学評論』最新第86号が刊行された。
特集「ロシア・東欧の100年ロシア革命から現在まで」では、座談会=和田春樹・亀山郁夫・小森田秋夫「ロシア革命100年から人類の未来へ」、特別寄稿は山内聡彦「ゴルバチョフが語る冷戦終結の歴史」、特集評論は、下斗米伸夫「ロシア革命100年、権力と宗教」、白井聡「再現する政治神学の時代 ロシア革命100年に寄せて」、羽場久美子「東欧とEUの100年 ヨーロッパの未来」ほか、小島亮、廣瀬陽子、安達祐子らが寄稿。
小特集「ホスピタリティと人文学の役割」は、深澤徹、平田オリザ、大貫俊夫、橋本博文など。巻頭エッセイは、沼野充義「生を全面的に更新すること 政治の革命と芸術の革命」。
(年3回発行、本体809円)購入は神奈川大学広報事業課:045・481・5661(代)
2017年5月5日 新聞掲載(第3188号)
このエントリーをはてなブックマークに追加