本の国へようこそ 第82回 衣服|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 本の国へようこそ
  4. 本の国へようこそ 第82回 衣服・・・
本の国へようこそ
2017年5月16日

本の国へようこそ 第82回 衣服

このエントリーをはてなブックマークに追加
西巻茅子さんの絵本デビュー五〇周年記念展が、銀座教文館ウェンライトホールとナルニアホールで開催中です。風に吹かれてスキップをしたくなるような、西巻さんの代表作『わたしのワンピース』をきっかけに、今回は衣食住の「衣」にまつわる名作絵本をご紹介します。

わたしのワンピース

そらから落ちてきた真白な布で〈ミシンカタカタ ワンピースをつくろうっと〉。それは、それは不思議なワンピースです。お花畑を散歩すると花模様に、雨が降ると雨模様に。草の実模様、食べに来たのだあれ? 楽しくって心ほくほく、いいかおりがしてくる絵本。

百まいのドレス

ドレスを百まい持っている、と言いはるポーランド移民のワンダは、からかいの対象に。でもコンクールで賞をとったのは、ワンダの描いた百まいの美しいドレスでした。ワンダの引越し、マデラインの後悔。クリスマスに届いたプレゼントとは? 五〇年ぶりの改訳版。

ペレのあたらしいふく

ある日ペレは大事に世話した子羊の毛を刈りました。家族や村の人々の仕事を手伝う代わりに、漉き、紡ぎ、織り、染め、仕立てに力を借りて、一着の青い素敵な上着を作ります。ペレを取巻くスウェーデンの自然と暮しが、柔らかい色彩で丁寧に描かれる絵本です。

ゆうかんなアイリーン

お屋敷の奥さまのドレスを作り上げたお母さん。ところが風邪を引いて届けることができません。パーティに間に合うよう、猛吹雪の中を進むアイリーン。ドレスが風に飛び、日が落ちて雪に埋もれて…さあどうなる? たくましくて真っ直ぐな少女の、偉大な冒険。

銀座教文館
子どもの本のみせ ナルニア国
℡03―3563―0730
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年5月12日 新聞掲載(第3189号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
教育・子ども > 教育一般と同じカテゴリの 記事