語り継がれた偏見と差別 歴史のなかのハンセン病 / 福西 征子(昭和堂)ハンセン病をめぐる差別・偏見はどのように世間に根づいたのか?  ――ハンセン病療養所医師による渾身の歴史的検証――|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 語り継がれた偏見と差別 歴史のなかのハンセン病 / 福西 征子(昭和堂)ハンセン病をめぐる差別・偏見はどのように世間に根づいたのか?  ―・・・
読書人紙面掲載 書評
2017年5月15日

ハンセン病をめぐる差別・偏見はどのように世間に根づいたのか? 
――ハンセン病療養所医師による渾身の歴史的検証――

語り継がれた偏見と差別 歴史のなかのハンセン病
著 者:福西 征子
出版社:昭和堂
このエントリーをはてなブックマークに追加
2001年5月、熊本地方裁判所はハンセン病患者に対する絶対隔離政策の誤りを認め原告勝利の判決を下した。これは「人間回復の裁判」として世間の注目を集めた。しかしながら、ハンセン病への偏見と差別はいまだに根深く世間に残り、元患者の家族が結婚で不利益を被ったり、ハンセン病に罹患した過去をひた隠しにしている本人や家族がいるという現実は依然として変わらない。

本書は、ハンセン病療養所で長年医療に携わってきた医師が、現在でも根深く残るハンセン病に対する差別と偏見がどのように生み出され現在に至っているのかを、古代から明治末期まで時代を追って膨大な資料に基づいて検証したものである。著者をして多大な労力をつぎ込んだ歴史的分析に向かわせたのは、まさに医師として医療に携わる過程でハンセン病への差別や偏見に向き合わざるを得なかったからであり、本書全体から差別や偏見が生み出された由来を明らかにしたいという熱意が伝わってくる労作である。

本書で明らかにされたハンセン病観の歴史的変遷では、古代のハンセン病は主として「現報」としての現世罰であったが、中世に入ると、来世の無間地獄と対比される最も恐ろしい病気とみなされた。中世から近世にかけて武家社会に家門意識が広まると、それまで個人の範囲に留まっていたものが、ハンセン病は親から子に伝わる病気、家に伝わる病(血筋、家筋)という概念が生まれた。近世においては、遺伝する業病・死病としてのハンセン病を患った患者たちは、非人として扱われ、その家族も「癩マキ」「癩マケ」などと称され、家ごと、あるいは一門・一族ごとはげしい差別と蔑視に晒された。明治維新後の近代初期、明治6年アルマウェル・ハンセンがらい菌を発見し、感染説が提唱され、明治30年第1回国際らい会議ではそれが公認された。しかし、明治初期から明治30年代までの日本の医学界ではらい菌に遺伝しやすい体質遺伝は否定されなかった。他方で、明治30年代の医学界ではハンセン病は伝染病であることが明確に受け止められ、明治40年「らい予防法に関する件」が制定された。しかしながら、制定に至る議論の背後でも遺伝説は払拭されず、「遺伝に感染が重なってハンセン病が発病する」とする疾病観が形成された。

以上のハンセン病観の歴史的変遷は、本書によって新たに解明されたものではなく、また従来いわれてきたことに新たに異を唱えたものでもない。本書の特徴であり魅力となっているのは、それを明らかにするために検証した歴史的資料の豊富さと資料をできる限り生のまま提示している点である。具体的に本書で取り上げている歴史的資料は、古代仏教経典および日本書紀をはじめとする古代説話文学、12世紀後半・鎌倉時代中期頃から本格的に利用されだした起請文、室町時代を代表する知識人・文化人の一人である臨済宗東海和尚一休の著書や自戒集、江戸時代においては、放浪芸人が群衆に語った説教節において語られた物語、江戸時代中期から幕末にかけて来日した外国人医師による病人の悲惨な描写がみられる書物、近代幕藩体制化の会津藩、三春藩、弘前藩、加賀藩におけるハンセン病患者の扱い方が記載されている著書や地誌等である。「らい予防に関する件」制定を巡っては、日本の医学界や公衆衛生学者の代表的著作、知識人や作家の諸作品、帝国議会におけるハンセン病療養所とその療養生活に関する議論・質疑が取り上げられている。そして、最後に、1999年から著者が園長を務めた国立療養所松丘保養園の前身である第二区療養所北部保養院の開設までの経緯や開設当初の療養のありさまがわかる文書を検証している。

本書は、これら豊富な歴史的資料からハンセン病観の歴史的変遷を実証的に検証することによって、差別されるべき病者としてのハンセン病観が、幾世代もかけて世間に浸透し現在においても根深く残っていることを説得力をもって読者に訴えかけている。
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年5月12日 新聞掲載(第3189号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
社会・政治 > 社会学と同じカテゴリの 記事