生誕130年記念展「詩人大手拓次―孤独の箱のなかから―」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 生誕130年記念展「詩人大手拓次―孤独の箱のなかから―」・・・
催しもの
2017年5月19日

生誕130年記念展「詩人大手拓次―孤独の箱のなかから―」

このエントリーをはてなブックマークに追加
★生誕130年記念展「詩人大手拓次―孤独の箱のなかから―」

開催中~6月11日(日)まで、群馬県立土屋文明記念文学館(群馬県高崎市保渡田町2000番地)で。
開館=9時半~17時、休館=毎週火曜、観覧料=一般410円。
【関連企画】
5月21日(日)14時~15時半
「拓次再考」
講師=吉増剛造氏(詩人)
*定員150名(要申込・申込順・無料)
申し込みは、TEL:027・373・7721、もしくは土屋文明記念文学館受付カウンター。

2017年5月19日 新聞掲載(第3190号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文学 > 日本文学関連記事
日本文学の関連記事をもっと見る >