『光球 人間野球の勝利者へ』 第三文明社より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 『光球 人間野球の勝利者へ』 第三文明社より刊行・・・
出版メモ
2017年5月26日

『光球 人間野球の勝利者へ』 第三文明社より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
岸雅司著『光球 人間野球の勝利者へ』が刊行され、好評発売中である。四六判208頁・1300円。

本書は創価大学野球部創設以来33年間監督を務め、東京新大学リーグ通算618勝、優勝42回を誇り、大学日本代表コーチに選出された経歴をもつ、大学野球界きっての名将岸監督が自身の半生と、創大の目指す「人間野球」の精神と勝利の要諦を綴る。

貧しいながらも工夫を重ね野球道具を揃えた少年時代、県立久賀高校で甲子園を目指し、のちに本田技研で社会人野球と、野球選手として日夜切磋琢磨した日々の記憶が克明に描かれる。同年代で活躍したプロの名選手たちの名前も並び、青春時代を彩る。創価大学野球部創設時に監督に招聘されたのが28歳の時で、以来家族一丸となり野球部員たちと歩いてきた道のり、苦闘、リーグ優勝、初のプロ野球選手誕生、そして現在に至るまでを岸監督は折々に触れた言葉とともに振り返る。そして最終章では2016年ドラフト1位でソフトバンクホークスに進んだ田中正義選手、2位で楽天ゴールデンイーグルスに進んだ池田隆英選手のエピソードを語り締めくくられる。

本書刊行の際には、フォレスト・イン昭和館で刊行記念パーティが開催され、岸監督をはじめ、創大野球部員、創価大学理事長、プロ野球関係者、創大野球部ファンの久本雅美さん、松村邦洋さんら豪華タレント陣が出席。本書刊行の喜びを分かち合った。
第三文明社TEL:03-5269-7144

この記事の中でご紹介した本
光球 人間野球の勝利者へ /第三文明社
光球 人間野球の勝利者へ 
著 者:岸 雅司
出版社:第三文明社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年5月26日 新聞掲載(第3191号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
スポーツ > 野球関連記事
野球の関連記事をもっと見る >