布作家・山中とみこさん (下)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

あの人に会いたい
2017年5月30日

布作家・山中とみこさん (下)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 初の著書『古い布でつくる』(主婦と生活社)を世に出してからの山中とみこさんは、さらに新しい試みを少しずつ形にしている。今までの、「デザインから製作まですべて自分一人で完結する」というスタイルから、製作を外部スタッフにお願いして、ある程度量産できる、「プロダクト」と呼ばれるアイテムを作る体制も整えた。
そして今年からは「タンポポ綿毛計画」と名付けて、山中さん自身が主に地方のギャラリーに出向き、お客様とじかに接しながら「チクチク」の洋服を実際に見てもらうという活動を実践している。
「自分一人である程度の量の新作を発表できる個展は、年二回が精一杯なんです。それも二年前から企画して、準備して。もう少し私自身が楽に動けて、会いたい人に会えるような時間の使い方をしたくて。タンポポの綿毛がいろんなところに軽やかに飛んでいくイメージで、自分が行きたかった場所へ行き、新しいお客様に見ていただくということを始めました」。今年三月には愛知県で、四月には仙台で「タンポポ綿毛計画」を実施してきた。

プロダクトの洋服や応援したい若手作家の作品を販売することで、人と人とが繋がっていけるような仕組みも、これからはもっともっと考えていきたいという山中さん。販売を目的にしない「お話会」なども準備中だという。

相手の顔が見えない通信販売は、特別な場合を除いてはしたくない、というのも山中さんのベースの考え方になっている。「どんな素材で作っているのか、お客様が本当に私の作った服を気に入ってくださったのか、ネット販売ではわからない」と考えているからだ。

ものがなかなか売れないと言われて久しいが、そこにしかないもの、作り手の考え方や生き方が表れているもの――。そんなものづくりは、大きな利益は生まなくても、確実に支持者を育て、これからますます細く長く大切にされていくように思えてならない。

個展に備えて作品を準備中
現に山中さんが十年前に考案した「チクチクパンツ」は、長年愛用している人が多い。男女問わず、どんな世代でも着こなせるワイドパンツで、大きなポケットが付いているのが特徴。リネン、コットン、ウール、そして古い布など素材が変わることで全体の印象も変わる。十年前からの定番なのに、今の時代をとらえたファッション力を兼ね備えている。

長い時間、二人だけでお話をするのは初めてのことだったが、「あまり時間がないと思うと、やりたいことはどんどん形にしていきたくなる」と何度も繰り返す山中さん。六〇歳で本を出してからの三年間はとにかく時間の流れ方が早く、今まで生きてきた中で、最も忙しい日々だという。

人生の後半を迎えてゆったりのんびり過ごすことよりも、新しいアイデアがひらめいたらそれをさらに推し進めて、次なる一歩を踏み出そうとする。

「今自分が満足していないと思ったら、こうなりたいという姿を必死に妄想するんです。一生懸命考えていると、どうしたらそこに到達できるか、道筋がおぼろげだけど、浮かんでくる」

古道具が大好きだった主婦が、子育てをしながら独学で洋服づくりを始め、自分の本を作ることが可能なのかどうか一生懸命考え、信頼できる編集者と話をし、それを具体化した山中さんだからこそ、その言葉には説得力がある。
作業所での山中とみこさん
おかげさまで『古い布でつくる』は、ほぼ完売した。それでも山中さんはいう。「あの本はもう三年近くも前のこと。今の私はまた少し違う自分になっている。だから、版を重ねることよりも、次に向かって新しいものを作ることのほうが私には意味があるかもしれない」

『美しい部屋』に掲載された方々は、小さなことを大切にしながら日々の暮らしを丁寧におくる方が多かったが、山中とみこさんは、経験と時間を積み重ねては進化を遂げ、若い人たちにたくさんの勇気や励ましを惜しげもなく与える存在になっている。こういう方に会うたびに、この雑誌の読者、関係者たち――揺るぎのない生活者の目線と懐の深さを、あらためて思い知る。そしてそんな雑誌と関われたことに、今とても感謝している。(おわり)(えはら・れいこ=フリー編集者・ライター、イベントプランナー)
この記事の中でご紹介した本
古い布でつくる/主婦と生活社
古い布でつくる
著 者:山中とみこ
出版社:主婦と生活社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年5月26日 新聞掲載(第3191号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
山中とみこ 氏の関連記事
江原 礼子 氏の関連記事
あの人に会いたいのその他の記事
あの人に会いたいをもっと見る >
人生・生活 > 生き方関連記事
生き方の関連記事をもっと見る >