ロマネスク 光と闇にひそむもの 六田知弘写真集|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. フォト&アート
  4. ロマネスク 光と闇にひそむもの 六田知弘写真集・・・
フォト&アート
2017年5月30日

ロマネスク 光と闇にひそむもの 六田知弘写真集

このエントリーをはてなブックマークに追加
「回廊の列柱」 サンタ・フリアナ参事会教会(修道院)[サンティリャーナ・デル・マール]
柱頭彫刻「ガニュメデスの誘拐」
サント・マリー・マドレーヌ修道院[ヴェズレー]
簡素だが豪壮な浮彫彫刻、人間臭と生活臭、時としてはユーモラスでさえある……心理性を追うこともなく、装飾性に足をすくわれることもない、「大地に根付いたがっしりとした存在感や、日常のよろこびや悲しみや恐れやあこがれと溶け合った生き生きとした生活感」と美術・文芸評論家の粟津則雄氏は、熱を込めてロマネスクを語る。


「まぐさ石の使徒と天使」
サン・ミッシェル教会[サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ]
 写真家の六田氏が二〇年にわたり訪ね歩いた、フランス、イギリス、スペイン、イタリアのロマネスクの中から、厳選されてはいるがなお膨大な、教会・修道院一二〇箇所を収載。ロマネスクの根源を突き詰めることで、「自然や宇宙との根源的なつながり」を探らんとする六田氏の目が、読者の中に光と影の密度を増す。

(粟津則雄、ダーリング・常田益代執筆、B5変型・七五三頁・八〇〇〇円・生活の友社)

(画像は本書から)
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年5月26日 新聞掲載(第3191号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
ロマネスク 光と闇にひそむもの /生活の友社
ロマネスク 光と闇にひそむもの
写真家:六田 知弘
出版社:生活の友社
以下のオンライン書店でご購入できます
芸術・娯楽 > 写真と同じカテゴリの 記事