文字百景 世界は文字で満ちている! 書の「文体」の不思議に遊び、考える夕べ古賀弘幸著『文字と書の消息』(工作舎)『書のひみつ』(朝日出版社)ダブル刊行記念|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 文字百景 世界は文字で満ちている! 書の「文体」の不思議に遊び、考える夕べ古賀弘幸著『文字と書の消息』(工作舎)『書のひみつ』(朝日出版社)・・・
催しもの
2017年6月16日

文字百景 世界は文字で満ちている!
書の「文体」の不思議に遊び、考える夕べ古賀弘幸著『文字と書の消息』(工作舎)『書のひみつ』(朝日出版社)ダブル刊行記念

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀弘幸氏(編集者)×山本貴光氏(文筆家・ゲーム作家)
6月21日(水)19時~(開場18時半)、
東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホール(東京都千代田区神田神保町1―17)、参加費500円(要予約)。
予約は、東京堂店頭またはTEL:03-3291-5181にて。
東京堂WEBサイトからも申込可。

世界にはさまざまな文字がある。そして同じ文字の中にもさまざまな書き方の文体(スタイル)(=書体・書風)がある。有史以来の「書く」ことにまつわる文化を繙けば、そこにはどのような文体が見つかるのか。さまざまな文字の形、そしてそれが私たちにもたらす魅力と謎について、古賀氏と山本氏が縦横無尽に語り合う。
2017年6月16日 新聞掲載(第3194号)
このエントリーをはてなブックマークに追加