辛|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

漢字点心
2017年6月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢木耕太郎『深夜特急』に、こんな場面がある。バンコク駅前のマーケットで、麺をすする主人公。塩気を足したいと感じて、華僑の主人に筆談を試みる。「塩」と書いたが、伝わらない。この字は日本の新字体だから、バンコクの親父が知っているわけはないのだ。「塩」の旧字体がわからず困った主人公は、「白」「辛」と続けて書いてみた。すると、めでたく塩が出てきたのである。

漢字とは便利なもの、というエピソードだが、同時に、よく通じたなあ、という思いもする。「辛」は舌を刺すような味を表す漢字で、塩の「からさ」とは異なる。「白」「辛」と書いたら、白コショウを出されてもしかたない。それでも通じてしまうところが、旅人ならではということだろうか。

「しおからい」ことをきちんと伝えたいならば、「鹹(カン)」を書かねばならぬ。もっとも、こんな漢字を知っているくらいならば、「塩」の旧字体「鹽」だって、知っていておかしくはないのだけれど……。
2017年6月23日 新聞掲載(第3195号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
学問・人文 > 言語学と同じカテゴリの 記事