ガルマンの夏 スティアン・ホーレ絵・文|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. フォト&アート
  4. ガルマンの夏 スティアン・ホーレ絵・文・・・
フォト&アート
2017年7月4日

ガルマンの夏 スティアン・ホーレ絵・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガルマンの夏が終わる頃、三人のおばさんたちが訪ねてきます。「おなかに蝶々がいるみたいでおちつかないかい?」とおばさん。秋になったらガルマンは学校へ行くのです。
「おばさんはもうすぐ死んじゃうの?」「不安はある?」「ガルマン、あなたと別れるのが不安だわ。でもおおきなお庭は楽しみかもしれない」。「パパはなにか不安なことある?」「だれだってなにか不安があるんじゃないかな」。鮮やかな夏と命の輝きが、奥行きのある緻密な絵と文で描かれる、ノルウェーの絵本です。
(A4判・四八頁・二〇〇〇円・三元社)
(小柳隆之訳)
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年6月30日 新聞掲載(第3196号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
ガルマンの夏/三元社
ガルマンの夏
著 者:スティアン・ホーレ
出版社:三元社
以下のオンライン書店でご購入できます
教育・子どもと同じカテゴリの 記事