【横尾 忠則】ぼくの中の絵描きさんは「描くときは描くさ」とウソぶいている。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】ぼくの中の絵描きさんは「描くときは描くさ」とウソぶいている。・・・
日常の向こう側ぼくの内側
2017年7月4日

ぼくの中の絵描きさんは「描くときは描くさ」とウソぶいている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.6.19
 ぼくが眠っているとおでんは起こしにこないけれど覚醒と同時に起こす。覚醒によってぼくの意識が流れ始めるとその意識をキャッチして「アッ、起きたぞ」と判断してやってくる。

十和田と町田の二日連続の肉体労働で脱水気味? 起床時に軽いパニック症状に襲われる。午後足もみ先生がやってきた。早朝4時に起きて軽井沢から来られるので、施術中に睡魔に襲われるらしく、指の動きが時々止まる。

夕方、滅多にならない肩のコリに整体院でもみほぐしてもらう。
自宅にて酒井忠康さん、塚田美紀さんと(撮影・横尾泰江)

2017.6.20
 マラソン大会に一般参加者で出場。マラソンには自信があるので上位入賞を狙う。若いランナーを次々と追い越していくのは気分がいい。上位に食い込めたはずだが、結果を知らないまま覚醒。

昨日、足もみと肩もみの二つの施術を受けたせいか七時間ぐっすり眠る。

世田谷美術館の酒井忠康さんと塚田美紀さんと以前から約束していた、成城のとんかつ椿へ。以前からそうだが酒井さんは昭和11年生れの現代美術作家に興味がある。例えば荒川修作、磯辺行久、高松次郎、若林奮、李禹煥、そしてぼくなどがそーだ。けれど、干支でいえば子年である。すでに三人はいない。塚田さんはいつもオシャレで格好いい。それにしてもいつも妻の撮る写真はピンボケだ。

午後東京都現代美術館の長谷川祐子さんがキュレーションするポンピドゥ・センター・メッスの「ジャパノラマ」展に出品する作品の選択に。会場内にぼくの一室を設けてくれるそうだ。
アトリエにて長谷川祐子さんと(撮影・徳永明美)

2017.6.21
 今日は大雨になるという。メダカの水が枯れてしまっているので大雨はメダカにとってもぼくにとっても恵みの雨だ。ところで生存者はいるのかな?

2017.6.22
 昨日、朝日新聞の書評委員会を欠席したので、入札した希望の本三冊共ダメでしたという担当者からのメールを受け取る夢を見る。

フランスで何かの会合に出席している。司会者がぼくにフランス語で「あなたの絵画について話して下さい」と質問をしたが、フランス語はわからないのに、テレパシーで意味が通じる。難聴になったために、聴覚は失われたが、それに代ってテレパシー機能が発達したらしいという夢を見る。

朝日新聞の書評担当編集者から「昨日の本、二冊確保しました」というメールが入る。夢がウソをついたことが判明。

NHKエデュケーショナルの長井さんが「爆笑問題」とのトーク出演依頼に。神戸のぼくの美術館での収録を提案。以前にもオファーがあったが一度断わっているので今回は引き受けてみよう。難聴でのトークはハンディが多く、どうなることか。

十和田で南條さんに会った時、ボーズが出しているノイズキャンセリング「QuietComfort35」が音をコントロールしてくれるので一度試したら? というサゼッションで早速ボーズから提供してもらう。これには驚いた。もう一生、音楽生活とは無縁と諦めていたが、これは奇蹟だ。凄い。

2017.6.23
 大阪・国立国際美術館での個展以来七年間に制作した個展用のポスターなどが80点近くあるので、「アイデア」の室賀さんに見せると早速紹介したいといってくれる。現在の現代デザインの潮流とはかなり異質なポスターになっていると思うよ。

運動不足が気になるので夜、駅前まで散歩する。三省堂で鈴木大拙の『仏教の大意』(中央公論新社)を買う。
2017.6.24
 とろんとした曇天日。メダカの甕の中の泥を取り除く。極寒の真冬を3年も越冬したにもかかわらず生存者が4、5匹いるようだ。これには驚嘆する。

2017.6.25
 駅前のアルプスでココアを飲みながら日記の整理を。

増田屋で山田さんと。3作目の「家族はつらいよ」のタイトルバックの時間をもう少し長くしてもらえないかとお願いする。昔はソール・バスのタイトルバックが話題になり、未だに語り草になっている。

公園のビジターセンターのメダカを見に行く。わが家のメダカに比べると、こちらのメダカの方が幸福そーだ。何んとかしてやろう。

夕方、成城整体院へ。マッサージは生活と創造の一部である。

十和田の個展に新作を描いて以来、筆は持っていない。怠けぐせがついたのだろうか。描けば描いたで未だ見たことのない絵が一点仕上がるのだが、その絵を見たくないのか? と自分に言い聞かせてみたりもするが、「別に!?」という内なる返答が戻ってくる。もしかしたら傑作ができるかもわからんよ! とも言ってみるが、ぼくの中の絵描きさんは知らんぷりをしていて、「描く時には描くさ」とウソぶいている。

2017年6月30日 新聞掲載(第3196号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >