未来の出版に向けての研究が産学協同でスタート!|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

トピック
2017年7月7日

未来の出版に向けての研究が産学協同でスタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ますますインターネットパブリッシングが活発になるのを見越して、出版4社ら(KADOKAWA、講談社、集英社、小学館、出版デジタル機構)は慶應義塾大学SFC研究所と共同で、未来の出版に関する研究を行うAdvanced Publishing Laboratory(APL)を設置することとなった。日本の出版が新しい時代に適応し国際競争力を高めるために、世界に誇る質の高い日本の出版技術とデジタル技術の融合をはかり、海外への紹介活動、海外の技術情報の導入など多方面の研究をめざすこととなる。

詳細、問い合わせ先は次の通り。慶應義塾大学SFC研究所APL事務局〓03・3516・2504/FAX03・3516・0617/E-mail:aplab@awa.sfc.keio.ac.jp
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/
2017年7月7日 新聞掲載(第3197号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックのその他の記事
トピックをもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >