「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ド ゥーシェ氏に聞く)(15)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」
  4. 「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ド ゥーシェ氏に聞く)(15)・・・
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」
2017年7月18日

「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ド ゥーシェ氏に聞く)(15)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドゥーシェ(左)とロマン・ポランスキー
HK
 先ほどの質問を少し変えてもう一度繰り返しましょう。今日の日本映画をドゥーシェさんはどのように見ているのでしょうか。例えば、今の日本を代表する映画作家は、名実ともに黒沢清と言っていいと思うのですが、彼の映画をどのようにお考えでしょうか。黒沢清の映画は、パリ以外の都市でも公開され、なおかつフランスの観客と批評家の両者に非常によく迎え入れられている日本の唯一の作家と言っていいかもしれません。
JD
 実を言うと、黒沢清の方のクロサワは、すべての作品を封切りの度に見て来たわけではないので、他の作家のように何かを分析することは、現状では容易ではありません。それでも彼が良い作家であることは十分に理解しています。しかし、私にとっての最後の日本の偉大な映画作家である大島渚の作品を見ると、そのような水準には達していないというだけのことです。「現状では達していない」と言った方がいいですね。これから先に彼が、映画史を根本から変えてしまうような作品を撮るかもしれませんし、私の判断が誤ることも十分にあります。もしかしたら、彼の作品を全て続けるようにして見たら、何か新しい発見があるのかもしれません。

日本のように非常に重要な映画が存在していた国において、つまり芸術がそして一つの国の精神がより良い形で表現されていた国において、それ以前と同様の水準を求めるのは難しいことです。イタリア、フランス、ロシアのような国々でも同様です。過去の映画の巨匠たち、もしくは他の様々な分野の偉大な芸術家たちは、将来の映画作家そして芸術家に対して必然的に影響を与えます。そして、のちの世代が、過去の大作家と同じ水準で作品を作ることに困難を覚えるのも無理のないことです。それでも時には、そのような水準に匹敵する作家が新しく出てくることもあります。
HK
 要するに、今日の日本映画を、最近になって発展を遂げているラテンアメリカの若手作家によるヌーヴェルヴァーグのようには考えられないということですか。
JD
 同じようには考えられません。なぜならば、日本にはすでに非常に重要な映画芸術があったからです。他の芸術全般でも同じことが言えるのではないでしょうか。例えば絵画を考えてみてください。絵画という芸術が非常に高い水準を誇っていた時期があるのがわかるはずです。その後の絵画の歴史を見ると、良い作品ではあるが以前のようには良くない、と言える時期にあるのではないでしょうか。その後の作品がより良くなることもあり得ますし、もしくはより悪くなることもあり得ます。音楽も絵画と同じような変遷を遂げてきたのではないでしょうか。ありとあらゆる芸術に言えることですが、最高潮の状態を保ち続けることは不可能です。なぜならば最高潮の状態とは、一つの文化が培ってきたありとあらゆる感性が表出されようとする瞬間に他ならないからです。そしてこのような表現力を維持ずることはできません。現実の人生のように変動があるのです。
HK
 つまり波があるということですね。
JD
 その通りです。浮き沈みがあるのです。日本という国を例にとると、歴史の中で、すでに日本映画が非常に高い水準を誇った時期がありました。日本国内だけでなく、国外から見ても、その重要さが瞬時に理解できるほどの時期がありました。しかしその後、このような映画の水準が維持できなくなっています。ありとあらゆる国の歴史に起こりえることです。フランスに関しても同様です。
HK
 フランス映画の現状についてはどのように考えていますか。
JD
 フランス映画も決して良い水準にあるとは言えません。さしあたって、芸術面について話をするのならば、私たちは非常に重要な時代にいる、とは言えないと思います。映画に関してだけでなく、他の芸術に関しても、そのように感じます。フランスの映画が本当に重要であった時代は、すでに過去のものとなってしまいました。

<次号へつづく>
〔聞き手=久保宏樹/写真提供:シネマテーク・ブルゴーニュ〕

2017年7月14日 新聞掲載(第3198号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャン・ドゥーシェ 氏の関連記事
久保 宏樹 氏の関連記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」のその他の記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」をもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >