日雇い浪人生活録 金の価値 書評|上田 秀人(角川春樹事務所)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

わが社のロングセラー
2017年7月31日

ハルキ文庫
日雇い浪人が天下に挑む快作!
上田 秀人著 「日雇い浪人生活録」シリーズ 

日雇い浪人生活録 金の価値
著 者:上田 秀人
出版社:角川春樹事務所
このエントリーをはてなブックマークに追加
著作100冊を超えてもその勢いは全く衰えず、次々と新機軸の作品を打ち出す上田秀人の最新シリーズが、この『日雇い浪人生活録』――と書けば、作者の作品をよく知る方ほど驚くかもしれません。上田作品といえば、徳川幕府を中心とした「政」の世界で繰り広げられる物語がメインですが、本シリーズのタイトルだけ見れば、浪人主人公が身の回りで起きる事件を解決しながら、貧しくも明るく暮らす、人情劇のように見えるではありませんか。もちろん、この作者の作品がそうした枠に収まるはずはないのですが……。

ある日、江戸屈指の両替商・分銅屋仁左衛門に雇われ、分銅屋が買った隣の空き店の片付けをすることとなった浪人・諫山左馬介。そこで何やら不審な帳面を見つけ、すぐに分銅屋に渡した左馬介ですが、その直後から二人の周囲には、帳面を狙う破落戸や謎の黒装束が出没するようになります。一方、死を目前とした大御所吉宗に呼び出された若き田沼意次は、いわば米本位制である現在の幕府の体制を、金本位制に改めるという改革の実現を命じられます。吉宗が成し得なかった難題を前に頭を抱える意次ですが……。

江戸の市井で暮らす左馬介と仁左衛門、江戸城の中枢で幕政の一端を担う意次。どう考えても接点のない両者が謎の帳面を接点として交わった時に、物語は大きく動き出すことになります。市井に端を発した物語が、あれよあれよという間に天下を動かす物語へと繋がっていくダイナミズムに圧倒される本シリーズですが、しかしその物語の主人公が日雇い仕事で暮らす浪人という点が、最大の個性であり、魅力であるといえます。

本シリーズの舞台となる二つの世界――武士たちが担う「政」の世界と、商人(庶民)たちが担う「財」の世界。本シリーズはその両者の関係性を描くのに、浪人を一種の象徴として扱います。武士でありながら継承する家を持たず、市井に暮らしながらも大小を帯びる浪人。彼らはその二つの世界の狭間に立ち、その両方を知る存在であり、そして二つの世界を動かすために何よりも必要な「金の価値」をよく知る者なのです。

そして浪人である左馬介が、決して無敵の剣豪ヒーローなどではなく(家伝の鉄扇術という、なんとも個性的な技を持ってはいるものの)、誠実さと謙虚さが最大の取り柄という人間であるのもユニークです。彼の存在は、本シリーズが時代ものでありつつも、我々が暮らす世界と地続きの世界で展開される物語、我々にごく身近な物語であることを示していると感じられます。

壮大な社会改革を、浪人を主人公とすることにより、地に足のついた物語として描くことを可能にした本シリーズ。スタートして一年余りながら、作者の新境地として、この先も末永く書き継がれ、読み継がれること間違いなしの快作です。
この記事の中でご紹介した本
日雇い浪人生活録 金の価値/角川春樹事務所
日雇い浪人生活録 金の価値
著 者:上田 秀人
出版社:角川春樹事務所
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年7月28日 新聞掲載(第3200号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
上田 秀人 氏の関連記事
わが社のロングセラーのその他の記事
わが社のロングセラーをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 歴史・時代関連記事
歴史・時代の関連記事をもっと見る >