高野 秀行著 謎の独立国家ソマリランドそして海賊国家プントランドと 戦国南郡ソマリア 集英社文庫|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

近刊セレクト
2017年8月1日

高野 秀行著 謎の独立国家ソマリランドそして海賊国家プントランドと 戦国南郡ソマリア
集英社文庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
“知らない国に行きたい”。誰でも子供の頃に一度は思ったことがあるのではないだろうか? あんなに強く願ったはずなのに、そんな想いは歳を重ねるにつれて薄れていき、やがて忘れ去られてしまっていた。

だがしかし、そうならなかった“大きな子供”がいる。それが高野秀行さんだ。これまでにも様々な国を訪れてトンデモな体験をして、それを読者に面白く提示してきた高野さん。知識の外にある場所を見つける嗅覚、興味をとことん掘り進める好奇心、現場に自ら飛び込む勇気、そういったある種、子供じみた、それでいて誰もが根源的に備え持つ能力を、高野さんは本書で改めて見せつけてくれる。

ぜひ数ページでいいのでパラパラと繰って欲しい。ソマリランドってどうやって行くの? 氏族制度って何? 女性はどんな服装? カートって噛むとどうなる? 何かに引っ掛かったが最後、忘れていたはずの“知らない国に行きたい”欲に火がつき、夢中で読み進めていること請け合いだ。(既刊・九二〇円・集英社)
この記事の中でご紹介した本
謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア/集英社
謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア
著 者:高野 秀行
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年7月28日 新聞掲載(第3200号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
近刊セレクトのその他の記事
近刊セレクトをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 戦争関連記事
戦争の関連記事をもっと見る >