『クリネタ 長友啓典追悼・最終号』 ☆長友啓典さんお別れ会|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 出版メモ
  4. 『クリネタ 長友啓典追悼・最終号』 ☆長友啓典さんお別れ会・・・
出版メモ
2017年8月4日

『クリネタ 長友啓典追悼・最終号』 ☆長友啓典さんお別れ会

このエントリーをはてなブックマークに追加
クリネタから、『クリネタ№38 長友啓典追悼・最終号』が発行された。 

丸10年を迎えた『クリネタ』は、この追悼号をもって終刊する。
「早く出さんと、みんな死んでまうで!」
長友編集長のこの一言で、2008年3月に創刊した読むデザイン誌『クリネタ』は、長友編集長のもと集結したクリネタ編集団によって、広く収集され、編集されたクリエイトのネタ=種を、10年間にわたって、季刊で38冊を世に送り出した。

訃報は突然だった。去る3月4日早暁、長友啓典さんは天に召された。病室にまで仕事を持ち込み、直前まで周囲に覚らせなかった。

「クリネタを誰よりも愛していたトモさん。クリネタはトモさんそのものでした。トモさんのいないクリネタなど考えられません。」(「クリネタ終刊のごあいさつ。」より)

最終号は一冊丸ごと追悼特集の「長友啓典・追悼特集 トモネタ」。手紙、文章、写真、イラストレーション等々、縁ある人々からの寄稿のほか、「K2事終り ソップとアンコの革命 K2へ」を新井敏記氏、連載「モリタが行く」は長友さんの菩提寺を訪ねる旅など、連載もすべて長友さんの思い出と感謝で埋め尽くされた一冊。

☆「追悼!「長友啓典」特別展」が開催されました
去る7月28日(金)・29日(土)の二日間、銀座グラフィックギャラリーで、「追悼!「長友啓典」特別展」が開催された。会期前日の内覧会を兼ねた「トモさんを偲ぶ会」には、各界から交流のあった大勢の人が終始絶えることなく会場を訪れ、4月に京都で開催される予定だった「ケイツー展」に出品予定だった作品を含め、原画やポスターなどの作品を前に、旧知の仲間と思い出を語り合ったり、映像や写真が映し出されるスクリーンの前でひとり故人と向き合ったりと、思い思いに長友啓典さんを偲んだ。(写真㊤長友さんの写真を囲むたくさんの似顔絵は黒田征太郎さんが描いたもの。写真㊦時代を切り取った名作ポスターや雑誌連載のシルクスクリーン作品、イラストレーション原画などが展示された)

2017年8月4日 新聞掲載(第3201号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
長友 啓典 氏の関連記事
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >