神楽坂建築塾編 『ふりかえれば未来がある』 建築資料研究社より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 神楽坂建築塾編 『ふりかえれば未来がある』 建築資料研究社より刊行・・・
出版メモ
2017年8月15日

神楽坂建築塾編 『ふりかえれば未来がある』 建築資料研究社より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
神楽坂建築塾編『ふりかえれば未来がある 風土に学ぶ「神楽坂建築塾」の活動』が建築資料研究社から刊行された。A5判・288頁・本体2500円。

1999年から神楽坂の地で活動を始めた建築塾。設計者だけでなく、施工者、建築関係者、学生、大手ゼネコン、工務店、林業家、大工、家具職人、建築ジャーナリストや写真家、ハウスメーカー、行政に携わる人などが幅広く集い、坐学とフィールドワークを組み合わせた講座を今年で十九期行ってきた。ほうっておいたら再開発の波にのって消えてしまうまちなみを残す活動、まちづくりと文化財の保護、再生、住まいづくりの作法や伝統の継承、環境を考え、模索の続く現場からの実践的な報告、また実際のまちや建築物をめぐるフィールドワークの模様など、暮らしに深く結びつき、生きる力となる、まちや住まいについての記録。旅する建築家・鈴木喜一のスケッチや講義録も必見。建築資料研究社TEL:03・3986・3239

この記事の中でご紹介した本
ふりかえれば未来がある  風土に学ぶ「神楽坂建築塾」の活動/建築資料研究社
ふりかえれば未来がある 風土に学ぶ「神楽坂建築塾」の活動
編 集:神楽坂建築塾
出版社:建築資料研究社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年8月11日 新聞掲載(第3202号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
建築関連記事
建築の関連記事をもっと見る >