『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』 説話社より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』 説話社より刊行・・・
出版メモ
2017年8月15日

『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』 説話社より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉原梨江子著『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』が説話社から刊行された。A5判・284頁・本体2800円。

花の名前には一つひとつに歴史と物語、言い伝えがあり、「シンボル」となるキーワードがある。聖樹研究家の杉原梨江子氏は、一輪の花になぜその言葉が選ばれたのか、原点はどこにあるのか知りたい。その思いから、世界各地に伝わる神話や伝説を辿り、花の意味、象徴を掘り起こして、「花のシンボル」として書き記した。

本書では約220種の花を収録。141点の挿し絵中100点は、歴史学上貴重な17世紀西欧の本草木書(日本語版は重要文化財)と江戸時代の草木図から抜粋。巻末には「花のシンボルに関連する女神と神様」「植物関係人物」「花の図版出典解説」等を掲載、和名・英名・学名の索引付き。花のシンボルを知ることで、自身の内なる花を探り、生命の本質を問う。人生に美を彩り、豊かに生きるためのヒントが散りばめられた1冊。説話社TEL:03・3204・8288
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年8月11日 新聞掲載(第3202号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
自然科学 > 植物と同じカテゴリの 記事