文豪エロティカル 芥川龍之介、谷崎潤一郎他著、末國善己編|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

文庫日和
2017年8月29日

文豪エロティカル 芥川龍之介、谷崎潤一郎他著、末國善己編

このエントリーをはてなブックマークに追加
残暑の中にかすかな秋風。一〇人の文豪たちの「永遠のエロス」を味わう夏の終りはいかが? 少女愛、フェティシズム、人妻、同性愛、スカトロジー…。
「身体から立ち上る匂い、相手の身体を触る感覚、睦言を聞く聴覚など、五感を刺激する描写に満ちており、視覚を重んじる現代エロスの表現とは違う魅力が発見できる」(編者解説より)。

収録作品は、田山花袋「少女病」、川端康成「舞踏靴」、堀辰雄「燃ゆる頬」、太宰治「満願」、谷崎潤一郎「青塚氏の話」、織田作之助「妖婦」、芥川龍之介「好色」、森鴎外「魔睡」、坂口安吾「戦争と一人の女」、永井荷風「人妻」。

(二七二頁・五九三円・実業之日本社)
この記事の中でご紹介した本
文豪エロティカル/実業之日本社
文豪エロティカル
編集者:末國 善己
出版社:実業之日本社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年8月25日 新聞掲載(第3204号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫日和のその他の記事
文庫日和をもっと見る >
文学 > 日本文学 > 恋愛関連記事
恋愛の関連記事をもっと見る >