大岡信ことば館|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 大岡信ことば館・・・
催しもの
2017年9月1日

大岡信ことば館

このエントリーをはてなブックマークに追加
詩作や評論を通して日本語の可能性を探求してきた詩人・大岡信の精神にもとづき、二〇〇九年一〇月、三島駅北口に開館した当館。「ことば」の視覚化・造形化、音としてのことばの可能性を探るなど、常に「ことば」に焦点を当て続け、さまざまな角度から「ことば」を掘り下げている。

九月十六日(土)~十一月二十六日(日)は、「大岡信追悼特別展」を開催。 今年四月、八十六歳で生涯を閉じた大岡氏の、映像や肉声、生原稿や墨書などの資料を、多彩な美術コレクションや、ことばの造形とともに展示し、その軌跡をふりかえる。

▼開館時間:十時~十七時
▼月曜休館
▼入館料:一般一〇〇〇円
▼静岡県三島市文教町一―九―十一 Z会文教町ビル一・二階
▼問合せ:〇五五―九七六―九一六〇

▼会期中イベント:
(1)対談=加納光於(画家)×大岡玲(小説家、大岡氏子息)、日時:十月八日(日)
(2)対談=吉増剛造(詩人)×大岡玲、日時:十月二十九日(日)
 いずれも、▼十四時開演(十五時半終了予定)
▼料金:一般二〇〇〇円(展覧会入場料を含む)
▼定員二〇〇名(要予約)

2017年9月1日 新聞掲載(第3205号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >