本の国へようこそ 第87回 異類婚姻譚|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 本の国へようこそ
  4. 本の国へようこそ 第87回 異類婚姻譚・・・
本の国へようこそ
2017年9月12日

本の国へようこそ 第87回 異類婚姻譚

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界各地の昔話から、動物、あるいは妖怪や神域のものと人間が結婚する「異類婚姻譚」をご紹介。
欧州では最後に魔法がとけて動物から人間に戻りめでたし…となることがほとんどですが、日本では動物が人の姿になる報恩譚や、動物そのものに嫁ぐ話も。その違いも楽しみのひとつです。
エパミナンダス 愛蔵版おはなしのろうそく1

フィンランドの昔話「森の花嫁」では、百姓の三人息子が嫁さがし。
めいめい木を切り、倒れた方角へ向かいます。
が末息子の方角は森。森に花嫁なんているの?上品なネズミを嫁にした末息子。パンを焼いても布を織っても上等なものを作りだすネズミの正体は?


東京子ども図書館編
大社玲子絵
183頁・1600円
東京子ども図書館
イギリスとアイルランドの昔話

「カエル嫁」は旧ユーゴスラビアの話。皇帝の息子たちは冠を投げて嫁さがし。
末息子は冠が湖へ落ちカエルを嫁にすることに。ある日カエルは皮をぬぎ、美しい娘に。息子は皮を焼いてしまうのですが…。他、ルーマニア、ポーランドなど中・東欧の昔話を十六収録。


松岡享子訳
降矢なな絵
263頁・2000円
のら書店
三本の金の髪の毛 中・東欧のむかしばなし

「ノロウェイの黒ウシ」はイギリスの話。美しい三人姉妹の末娘はノロウェイの黒ウシと結婚してもよいと言う。
ある朝黒ウシが迎えに来て、約束通りウシの背に乗り長い旅へ。
左の耳からはご馳走が、左の耳からは飲み物が出てくる不思議なウシの真の姿とは?


石井桃子編・訳/
ジョン・D・バトン画
352頁・750円
福音館書店
日本昔話百選 改訂新版

日本昔話百選 (稲田 浩二)三省堂
日本昔話百選
稲田 浩二
三省堂
  • オンライン書店で買う
日本各地の語り部から聞き取った昔話から百編を収録。
異類婚姻譚だけでも、鶴女房、たにし長者、魚女房、猿聟入り、蛇聟入り、狼女房、食わず女房、天人女房、龍宮女房と多彩。
結局元いた世界へ帰る話がほとんど。世界の昔話との差が面白いですね。


稲田浩二・稲田和子編著
453頁・1700円
三省堂


銀座教文館
子どもの本のみせ ナルニア国
℡03―3563―0730
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん
2017年9月8日 新聞掲載(第3206号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
文学 > 日本文学 > 児童文学と同じカテゴリの 記事