鈴木 八重子著 保育が変わる!子どもの育ちを引き出す言葉かけ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 新刊
  4. 鈴木 八重子著 保育が変わる!子どもの育ちを引き出す言葉かけ・・・
新刊
2017年9月18日

鈴木 八重子著 保育が変わる!子どもの育ちを引き出す言葉かけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもと接する際、「こんな時はどうしたらいいの?」と対応に迷う場面がある。

本書は保育歴四〇年以上のベテラン先生が豊富な経験にもとづき、対応に迷いがちな九一場面にぴったりの言葉かけと対応を教えてくれる。

保育園での食事や遊び、排泄のこと、友人関係のほか、保護者への対応など保育士の仕事は多岐にわたり、どれもコミュニケーションが欠かせない。

その対応一つひとつが子どもの心の成長に大きく関わってくる。

保育士に向けた本ではあるが、「どうしたらいいの?」は家庭でも日常的に起こっている。忙しい毎日の中で子どもに強く言ってしまいがちだが、この本に目を通すと活かせる事例もあり、小さな子を持つ家族にも参考になる一冊。


同社の『保育のまなざし エピソード写真で見る子どもの育ち』(井桁容子著、一四〇〇円)も合わせて参考になる。
(18×15センチ・一九二頁・一三〇〇円・チャイルド本社TEL:03―3813―2141)
2017年9月22日 新聞掲載(第3207号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
保育が変わる!子どもの育ちを引き出す言葉かけ/チャイルド本社
保育が変わる!子どもの育ちを引き出す言葉かけ
著 者:鈴木 八重子
出版社:チャイルド本社
以下のオンライン書店でご購入できます
保育のまなざし エピソード写真で見る子どもの育ち/チャイルド本社
保育のまなざし エピソード写真で見る子どもの育ち
著 者:井桁 容子
出版社:チャイルド本社
以下のオンライン書店でご購入できます
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
教育・子ども > 育児関連記事
育児の関連記事をもっと見る >