渡辺 美奈子 著 ヴィルヘルム・ミュラーの生涯と作品『冬の旅』を中心に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 新刊
  4. 渡辺 美奈子 著 ヴィルヘルム・ミュラーの生涯と作品『冬の旅』を中心に・・・
新刊
2017年9月19日

渡辺 美奈子 著 ヴィルヘルム・ミュラーの生涯と作品『冬の旅』を中心に

このエントリーをはてなブックマークに追加
シューベルト(一七九七~一八二八)の三大歌曲集とされるのが、『美しき水車小屋の娘』『冬の旅』『白鳥の歌』であるが、『水車小屋』と『冬の旅』は、同時代の詩人、ヴィルヘルム・ミュラー(一七九四~一八二七)の詩をシューベルトが気に入って曲を付けたものだった。
曲の評価と人気が高いがゆえにどうしても埋もれがちだったミュラーについて、ナポレオン戦争前後の困難な時代を生き抜いた体験に基づく苦しみを重視しつつ、詩人の人生が『冬の旅』をはじめとする多くの作品と深く関わっているとの想定のもと、幼少期から解放戦争従軍時代、ベルリン時代、そして晩年へと至る全生涯と彼の作品を読み解いていく。
また最終章では、シューベルトがミュラーの『冬の旅』をどのように解釈し表現したかに注目して、その成立過程を論じている。日本初の本格的ミュラー研究。(A5判・三〇八頁・四〇〇〇円・東北大学出版会)
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年9月22日 新聞掲載(第3207号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
ヴィルヘルム ・ミュラーの生涯と作品 『冬の旅』を中心に/東北大学出版会
ヴィルヘルム ・ミュラーの生涯と作品 『冬の旅』を中心に
著 者:渡辺 美奈子
出版社:東北大学出版会
以下のオンライン書店でご購入できます
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
文学 > 外国文学 > ドイツ文学関連記事
ドイツ文学の関連記事をもっと見る >