初の3館共催! 東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館共催 東京文化財ウィーク2017参加企画展 |書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 図書館
  4. 初の3館共催! 東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館共催 東京文化財ウィーク2017参加企画展 ・・・
図書館
2017年9月29日

初の3館共催!
東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館共催 東京文化財ウィーク2017参加企画展 

このエントリーをはてなブックマークに追加
「幕末の大奥と明治の皇城 和宮と昭憲皇太后」
日時=10月28日(土)~11月12日(日)、10時~20時(土日祝~17時半)、会場=東京都立中央図書館。 【関連講演会】
日時=11月4日(土)14時~16時 
▽「江戸の町から江戸城へ 新出大奥図面の世界」
講師=小粥祐子氏(東京都公文書館史料編纂担当) ▽「その後の和宮」
講師=篠﨑佑太氏(宮内庁宮内公文書館公文書調査室員)
定員=100名(参加無料、応募多数の場合は抽選)
申込方法=
(1)東京都立図書館HP「文化財ウィーク講演会」のページから申し込み、
(2)往復葉書に(1)「文化財ウィーク講演会」希望(2)住所(3)氏名(4)電話番号を記入の上、「〒106―8575 港区南麻布5―7―13 東京都立中央図書館 特別文庫担当」宛に送付(1人1枚)。
締切=10月10日(火)迄(往復葉書は消印有効)。
2017年9月29日 新聞掲載(第3208号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
図書館のその他の記事
図書館をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >