【横尾 忠則】真暗闇で無数の星を眺める気さくなロッカーがアトリエに|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】真暗闇で無数の星を眺める気さくなロッカーがアトリエに・・・
日常の向こう側ぼくの内側
2017年10月3日

真暗闇で無数の星を眺める気さくなロッカーがアトリエに

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.9.11
 アニメ映画「崖の上のポニョ」の文庫本の解説を書く。5歳の宗介と魚の子ポニョの神秘的なラブロマン。時空を超えた魔術的世界はアニミズムと死後の世界を暗示したスペクタクルな作品で深く突っ込んで見ると色んな問題が浮かび上ってくる。
ロマン・コッポラの映画のワンシーンの絵も、デュラン・デュランのポスターも両者共大喜びでホッ。
「文藝」の連載鼎談〈アトリエ会議〉を保坂和志、磯﨑憲一郎さんとアトリエで。とりとめのない井戸端会議をこのまま活字にする編集者を評価すべきだろう。
2017.9.12
 「ダンスマガジン」でモーリス・ベジャール、ジョルジュ・ドン、ジャンニ・ベルサーチらとミラノ・スカラ座でのバレー「ディオニソス」制作の裏話などを話す。
フランスのオランピア・ル・タンからぼくの作品を主題にした刺繍のバック三点が発表されることになった。カバンの購入者はハリウッドの女優らしいが、誰が買ったのかは知りたいよね。
2017.9.13
 アルゼンチンのフランス大使館のエレンさん来訪。カルティエ現代美術財団30周年展で、当館で個展したアーティスト100人余のポートレイトを出品したが、その作品集が出版されることになり、当時のキュレイターだった彼女にテキストを執筆してもらうことになった。
午後、写真美術館の笠原さん来訪。
2017.9.14
 長谷工シニアホールディングスの浦田慶信社長来訪。
2017.9.15
 日経新聞のロングインタビューのための打合せ。
原美術館に原俊夫館長を訪ねる。原さんとは同い年。Y字路展を一番最初に発表してもらった美術館。
2017.9.16
 今日から三連休。誰にも会わない退屈な日が続く。
2017.9.17
 ホテルのロビーの高い場所に川合玉堂の10メートル以上もある壁画が描かれている。水面を透かして水中の植物や魚を描いているが、よく見ると水中から水面を仰ぐ描写も同時に表現されている。でもこの絵は玉堂の絵ではないような気もする。夢の話。
今日は敬老の日らしい。誰も敬ったりいたわったりする者なし。
今朝の東京新聞で荒俣宏さんが拙著の書評集を書評してくれている。
山田さんとの昼食のあと東宝スタジオへ。「家族はつらいよⅢ」の台本を貰って帰る。
雨の降る日は喘息を誘発する。
昔買ったサングラスのレンズが割れたので取り替える。今どきガラスの眼鏡など珍しいといわれる。4、50年前に買ったサングラスは今やビンテージ。
2017. 9.18
 あんなに毎日寅さんみたいな風来坊おでんが、何を思ったかここ数日一歩も外に出なくなった。気儘に生きるというのはいいが、飼い主にとっては心配の種になる。
久し振りに細江英公さんと長話をする。一時間超過するが、すごいエネルギーだ。
2017. 9.19
 たまに東宝スタジオの社員食堂に行きたくなって松竹の濱田さんを誘ってラーメンを。
夕方、ピカビアへシャンプーとセットに。
アトリエにてデュラン・デュランのジョン・テイラーさんと(撮影・上松エリサ)
2017.9.20
 デュラン・デュランのコンサートに招待されているが難聴のため、代って英と美美と相島君が行く。
2017.9.21
 徳永、英、美美と十和田市現代美術館へ。東京駅で館長の小池さんと合流。車両のせいか東海道新幹線に比べたら、暗い雰囲気で三時間はかなり疲れる。駅から美術館へは迎えの車だけれど、まるで空港から街に入るほど遠い。明日午後から小池さんとトークショーがあるが、今日はくたびれたので温泉宿森のホテルに早々にチェックイン。着くなり温泉に入ったので夕食時には身体が冷えて睡魔と戦いながら夕食をする。夕食後小池さんの部屋で徳永、英、美美はビールの二次会。飲めないぼくはホテルの中庭から天の川を眺める。ほとんど360度見渡せる天空の無数の星を一時間ばかり眺める。こういう体験は国内ではここぐらいじゃないの。周囲が山に囲まれた谷底のような場所で、星を眺めたいというとホテルの外燈を消してくれたので辺りが真暗闇になった。
2017.9.22
 朝風呂のあと朝食。風呂上りで食欲がすすむ。迎えの車で美術館へ。小池さんとのトークは約一時間半。マイクが上手く使えたので小池さんの声がよく聞きとれた。4時50分帰京へ。東京は雨。
2017.9.23
 来日中のイギリスのロックグループ、デュラン・デュランのベース、ジョン・テイラーがポスターのお礼と、ポスターをプリントしたTシャツを持ってアトリエに来訪。イギリスで出版された作品集の他にも作品集を何冊も持っているそーだ。気さくで如何にもロッカーという感じ。年齢は20以上離れているのにぼくを友人扱い。こういう連中はいいねえ。
2017.9.24
 昼、山田さんとそば。大林宣彦さんの新作を観られたそうだが、撮影所育ちの山田さんと色んなことをやってきた大林さんとはかなりズレがあるようだ。

午後、朝日の書評一本書く。夕方マッサージへ。
2017年9月29日 新聞掲載(第3208号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >