縁起がいいかも・・・|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
  4. 縁起がいいかも・・・・・・
スタッフブログ
2017年10月2日

縁起がいいかも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、手洗いで用を済ませると何かが天井からポトリと落ちた。
よく見るとトカゲのような形をした生き物がカサカサとドアの下に隠れていく。
灰色の10センチくらいの生き物。
「あ、これはヤモリだ!」と気付いて捕まえてみようと試みるが、トカゲほどはすばやくは無いものの身を屈めて追っかけるおじいさんには捕まらない。
逃げる、追っかける、また逃げる、それをまた追いかけるを繰り返した挙句、ヤモリ君は洗面台の下の隙間に逃げ込んでいった。
ヤモリは古来その家に金運や幸運をもたらすとして日本人に大切にされてきた。
だが、古い民家などの壁や窓に夜などに張り付いた姿を見せる、というイメージであるから、まだ建築後10年は経っていない、都市部の住宅地の我が家で見かけるということは夢にも思わなかった。
11月には読書人で初めてという単行本を2冊刊行する。本紙の広告もまだまだ難問が山積しているなど、
頭の痛いことが続くがヤモリ君に出会ってホッとさせられた。もしかすると難問もスッキリと解決できるかもしれない。そう思うと、捕まえて閉じ込めるよりは我が家でのびのびと棲息し、我が家と会社の守り神になってくれる方がよほど良いと思う。
そうして、会社に来てみると社員の明るい笑顔に出会うことができてちょっぴり幸せな気分に。
守り神のヤモリ君、捕まえないからまた出てきて姿を見せてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スタッフブログのその他の記事
スタッフブログをもっと見る >
文化・サブカル関連記事
文化・サブカルの関連記事をもっと見る >