合同特別シンポジウム  大地の記憶を彫る  スカンジナビア・アイルランドのロックカービングと身心変容|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 合同特別シンポジウム  大地の記憶を彫る  スカンジナビア・アイルランドのロックカービングと身心変容・・・
催しもの
2017年10月6日

合同特別シンポジウム 
大地の記憶を彫る 
スカンジナビア・アイルランドのロックカービングと身心変容

このエントリーをはてなブックマークに追加
日時=10月28日(土)13時~17時半
会場=上智大学四谷キャンパスソフィアタワー・1階ホール(6号館101ホール、782席)
テーマ=「大地の記憶を彫る~スカンジナビア・アイルランドのロックカービングと身心変容」
【講演者】
▽齊藤五十二(書道家・東華書院会長・ロックカービング拓本採取者・所蔵者)「スカンジナビアのロックカービングと、アイルランドの石に刻まれた図象」(30分)
▽鶴岡真弓(多摩美術大学芸術人類学研究所所長・美術史・ケルト芸術文化研究)「アイルランドのケルト十字架:生命再生の螺旋と円環」(30分)
▽安藤礼二(多摩美術大学教授・文芸評論家)「造形的思考の起源:アンドレ・ルロワ=グーランと日本」(30分)
▽石井匠(國學院大学博物館学芸員・岡本太郎記念館客員研究員)「石と人:岡本太郎が観想した反転の「生物ピラミッド」」(30分)
▽鎌田東二(上智大学グリーフケア研究所特任教授)「アイルランド・ケルトと日本・神道の身心変容技法~ドゥルイドと修験者」(30分)
▽総合討論(90分)
齊藤五十二・鶴岡真弓・安藤礼二・石井匠・鎌田東二(コーディネーター・司会)
※入場無料(予約不要、直接来場)
主催=上智大学グリーフケア研究所身心変容技法研究会(科研)+多摩美術大学芸術人類学研究所 
協力=河合早苗(デザイナー)・松本貴子(映画監督)
2017年10月6日 新聞掲載(第3209号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
学問・人文 > 民俗学・人類学関連記事
民俗学・人類学の関連記事をもっと見る >