本の国へようこそ 第88回 韓国・北朝鮮|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 本の国へようこそ
  4. 本の国へようこそ 第88回 韓国・北朝鮮・・・
本の国へようこそ
2017年10月17日

本の国へようこそ 第88回 韓国・北朝鮮

このエントリーをはてなブックマークに追加
「先日、あるお子さんに“朝鮮の昔話はありますか?”と聞かれたんです(川辺)」。最近のニュースでは、北朝鮮は怖いだけの国に思えます。でも私たちは隣国について、どれだけのことを知っているでしょう。今回は昔話から現在まで、北朝鮮と韓国を知る本を、選書いただきました。

とらとほしがき

我こそがこの世の王だと信じていたとらが、人間の母とむずかる赤ん坊のやりとりを聞き「アイゴッ!」と叫んで逃げだした。
その相手は…なんとほし柿。たくましく美しい色彩の絵、とらの表情が何とも印象的です。
韓国ではとらが昔話によく登場するそうです。

パクジェヒョン再話・絵/おおたけきよみ訳
32頁・1600円
光村教育図書

非武装地帯に春がくると

かつて一つの国だった朝鮮半島は南と北に分れ、間には鉄条網が張られた「非武装地帯」がある。
誰も立ち入れないこの地は動植物の最後の避難場所。
展望台からこの地をみつめ続ける老人は、故郷が統一され、非武装地帯が解放されることを祈り続けている――。

イオクベ作/おおたけきよみ訳
34頁・2000円
童心社

韓国 ソウルの下町っ子ピョンジュン

韓国・ソウルの下町に住む11歳のピョンジュン。
スポーツ万能で、学校が大好き。習い事もたくさんしているんだって。
韓国の正月や正装、祭り、家や遊びや食事や市場…隣の国だから似ていること、隣の国なのに知らないこと。
たくさんの写真で伝える本です。

裵昭写真・文
40頁・1800円
偕成社

在日朝鮮人ってどんなひと?

在日朝鮮人はなぜ日本に住んでいるのか。
民族、国籍、日本の植民地支配、関東大震災後のデマからの大虐殺、現在も続く差別、日本人とは異なる暮らし…
違いを認め合いながらともに生きる社会のために、複雑な問題を中学生が読める内容に噛み砕いて答えます。

徐京植著
256頁・1400円
平凡社


銀座教文館
子どもの本のみせ ナルニア国
℡03―3563―0730
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん

この記事の中でご紹介した本
とらと ほしがき~韓国のむかしばなし~/光村教育図書
とらと ほしがき~韓国のむかしばなし~
著 者:パク・ジェヒョン
出版社:光村教育図書
以下のオンライン書店でご購入できます
非武装地帯に春がくると/童心社
非武装地帯に春がくると
著 者:イ・オクベ
出版社:童心社
以下のオンライン書店でご購入できます
韓国 ソウルの下町っ子ピョンジュン/偕成社
韓国 ソウルの下町っ子ピョンジュン
著 者:裵昭
出版社:偕成社
以下のオンライン書店でご購入できます
在日朝鮮人ってどんなひと?/平凡社
在日朝鮮人ってどんなひと?
著 者:徐 京植
出版社:平凡社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年10月13日 新聞掲載(第3210号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
本の国へようこそのその他の記事
本の国へようこそをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >