少女は卒業しない / 朝井 リョウ(集英社)『少女は卒業しない』朝井 リョウ著 青山学院大学 佐藤 佳音|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 少女は卒業しない / 朝井 リョウ(集英社)『少女は卒業しない』朝井 リョウ著 青山学院大学 佐藤 佳音・・・
【書評キャンパス】大学生がススメる本
2017年10月14日

『少女は卒業しない』朝井 リョウ著
青山学院大学 佐藤 佳音

少女は卒業しない
著 者:朝井 リョウ
出版社:集英社
このエントリーをはてなブックマークに追加
廃校が決まった地方の高校、最後の卒業式の一日。この日、少女たちは卒業する。7つの物語からなるこの小説の主人公は、全員女の子。そして全員が恋をしていて、タイトルに反し何かから卒業しようとしている。

7つの短編の中で特に印象に残ったのは、2作目の「屋上は青」。高校を退学してしまった幼馴染の少年、尚輝から卒業しようとする少女、孝子が主人公だ。ずっと一緒にはいられない。2人ともそのことを分かっていて、卒業式の日「ずっと一緒の幼馴染」から卒業する。2人は別々の道を歩み始めるのだ。

孝子は真面目な優等生、対して尚輝は自由奔放。校則を破って髪を染めたり、夢の為に学校を辞めたり。自分にはできないことを軽々とする尚輝に孝子は憧れていた。私は孝子と同様、真面目と言われることが多い。しかしその真面目という言葉は、例え相手が褒め言葉のつもりで言っていても私をがんじがらめにするものだった。「真面目でいなきゃいけない」「頑張らなきゃ」と思ってしまうのだ。孝子もそうだったのではないだろうか。だから正反対の尚輝に憧れた。「私は間違っていない」「これでいい」と思っていても、やはり自分にはできないことをする人を見ると不安になる。羨ましいと思う。孝子にとっての尚輝とはそういう対象だったのだ。そして授業をサボるなどしたことのなかった孝子は卒業式の日、尚輝に呼び出され立ち入り禁止の屋上で生まれて初めてのサボりをする。孝子には人と違う道を歩む尚輝が自由に見えたし、キラキラ輝いて見えたが、「人と違う道へ進む」ということは尚輝にとってはとても怖く、不安なことであったと知る。サボりや立ち入り禁止の場所に入ること、尚輝と話すこと。それらを通し孝子は嫉妬を含んだ憧れから卒業し、尚輝のもつような「本当の夢」ではないかもしれない英語教師になるという夢も、遠くへ行く尚輝と反対に卒業後は地元の大学に進むことも、全部含めて自分を肯定できたのではないだろうか。

「エンドロールが始まる」では先生への片思いから、「夜明けの中心」では死んでしまった恋人からそれぞれ卒業する。設定は7つある短編のどれもが非現実的だ。しかしその卒業は、恋だけではなく高校生活で味わう多くの思いを含んだ気持ちからの卒業だ。誰もがこの気持ちを知っていると感じるだろう。学校を卒業することは簡単だ。しかし人や思いからの卒業は自分でしようとしないとできない。小説の主人公たちは自ら卒業のために動く。

私がこの小説を読んだのは高校3年生の時だった。高校生ではなくなったからといって特に自分が大きく変わるわけではないのだが、妙に寂しく、妙に不安だった。いつもの日々がなくなること、高校生という盾を失うということ。「卒業」はあの時の私にとって大きなことだった。きっとどんな高校生にとっても卒業は大きなことだと思う。言葉にすることの難しい気持ち。それがこの本には詰まっている。高校を卒業した人もしていない人も、読めばこのタイトルの意味が分かるだろう。少女は必ず高校からも、多くの人や物からも卒業するけれど、そこで得た大切な物たちからは、卒業しないのだ。

この記事の中でご紹介した本
少女は卒業しない/集英社
少女は卒業しない
著 者:朝井 リョウ
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年10月13日 新聞掲載(第3210号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
【書評キャンパス】大学生がススメる本のその他の記事
【書評キャンパス】大学生がススメる本をもっと見る >
文学 > 日本文学 > 青春関連記事
青春の関連記事をもっと見る >