野|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

漢字点心
2017年10月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
「野」に含まれる「里」は、「人が住んでいる土地」のこと。「野」は、本来は、そこから遠く離れた「郊外」を指す。そこに広がる土地が、「平野」であり「野原」。「野鳥」「野生」の「野」も、当然ながらこの系列である。

人が住んでいるところから離れるということは、文明とも距離を置くということだ。それが、「野蛮」や「粗野」。社会の調和とも距離を置くと、「野心」「野望」のように「闘争心が強い」という意味となる。

つまり、「野」とは、人間の営みに対して、徹底的にその反対を行く漢字なのだ。なんだかいけ好かないタイプだが、そういう漢字が存在して広く使われているからには、何にでも反対することにも意味がないわけではないのだろう。

政権に反対する「野党」も、その一つ。今回の選挙では、なにやら不可思議な構図になったものの、オール与党では心もとない。なんとか踏ん張って、存在意義を示して欲しいものである。

2017年10月20日 新聞掲載(第3211号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >