【横尾 忠則】肉耳は聴こえないけど神の声は聴こえるよ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】肉耳は聴こえないけど神の声は聴こえるよ・・・
日常の向こう側ぼくの内側
2017年10月31日

肉耳は聴こえないけど神の声は聴こえるよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.10.16
 松竹の濵田さんから「妻夫木聡さんと蒼井優さんの時間が空いたのでポスター用の写真が撮れることになりました、車でお迎えに行きます」と電話があって東宝スタジオへ。自分で撮るつもりだったが、妻夫木さんが「横尾さん、早く押し過ぎですよ」と。何のことかわからないが、どうもデジタルカメラの操作がデタラメらしい。「濵田さん撮ってよ」と選手交代。終ってから2人+橋爪功さん、夏川結衣さんらと食堂へ。食べ終って僕は監督ルームへ。山田洋次さんとはしばらく振り、そこに人形焼の差し入れを持ってきた広井王子さん。彼とは「サクラ大戦」のポスター以来。「あの仕事から、もう13年も経ちました」。あの頃金髪だった広井さんも、すっかりおじさん。

2時、アトリエで「文藝春秋」の対談。『死ぬほど読書』の丹羽宇一郎さんと『本を読むのが苦手な僕』との対談。丹羽さんは寸時も惜しんでの読書魔。読書によって「人間とは?」の探究を、僕は躰を通して「私とは?」を。

2017.10.17
 新幹線内の自分の席を離れて他の席に座ると、前の席に松方弘樹さん。彼の隣りの知人に「鶴田の親父に連絡してみるわ」と携帯電話。場面変って西脇の実家。そこへ鶴田浩二さんと松方さんがやってきた。僕は「新幹線の中で松方さんが鶴田さんに電話してはるところを後の席で見ていた夢を見ましたんや」と夢の話をしながら、夢の中で松方さんが出演した「柳生一族の陰謀」の映画の中で、松方さんが宙に飛んだ瞬間、松方さんがイラストに早変り、あのイラストは実は僕が描いたんですよ、と言えばよかったかなと、すっかり覚醒した頭で夢の反省をしていた。

日本経済新聞の岩本さんが「転機」について見開きの大特集をしたいとカメラマンとやって来た。美大の受験当日、先生が「受けずに帰れ」と言ったために人生が狂った話をする。

2017.10.18
 日野原重明先生の講演会に出席した夢で、「次回の講演会に来る時は何を食べたらいいでしょうか」と聞くと「食べたいと思うものを食べなさい」と言われた夢を見る。

BS朝日で高倉健さんのドキュメントの取材を受けるが、質問がしっくりこないので、この場で降りる。10年に一回ぐらい虫の居所が悪い日がある。今日はその日。

2017.10.19
 東宝スタジオへ。今日の撮影は西村雅彦さん、夏川さん、中嶋朋子さんの三人。午後、監督室内のアトリエで絵を描くが未完。

加藤一二三さんがソーダ水をペットボトルで一気飲みを何度もしているのをテレビで見たもんだから、胸焼け防止のために試してみる。胸焼けがケロッと解消。教訓はどこにでもある。

目下、パリのポンピドゥ・センター・メッスで開催中の「ジャパノラマ」展と、同時開催の「ジャパン―ネス」展にも出品。その両展の展示風景をパリ在住の白羽明美さんに「撮ってきて!」と依頼のメールに電話で返事あり。「ところで難聴大丈夫?」「肉耳は聴こえないけど神の声は聴こえるよ」と言うと本気にして「これはダメ、あれはいいって神が言うの?」と言うもんだから、「そうよ、考えなくても教えてくれるから便利いいよ」、と答えるが、これが本当なら何も考えない、努力もいらない、こんな便利いいことないのにとつくづく思う。

2017.10.20
 ユニバーサル・サウンドデザインの小林さんからマイクとスピーカーのついた卓上用音声拡大装置を「使ってみて下さい」とプレゼントされる。

絵を描かなきゃとプレッシャーを与えながら、ムニャ、ムニャと自分を誤魔化す。だけどかなり時間的にあれも、これも描かなきゃと切迫しているんだゾー。

DeNA、広島に連勝、シーズン3位からの下剋上へ。

東宝スタジオにて橋爪功さんと(撮影・濵田雄一郎)
2017.10.21
 午前中、東宝スタジオで橋爪功さん、吉行和子さん、林家正蔵さんの撮影。8人全員撮影完了。橋爪さんと食堂で雑談。橋爪家とわが家はコーナーで隣接している。わが家によく来る黒猫はどうも橋爪家に居座っている野良猫らしい。野良猫のくせに太っていると思った。両方の家のエサを食っているんだから。

柄谷行人さんより『坂口安吾論』を贈られる。安吾のポスターやちくま文庫の安吾全集の装幀などで興味ある作家だったので、早速本文の「美学の批判」から読み始める。

高橋克彦さんから『吾輩は作家の猫である』も届く。愛猫タマゴはわが家のタマの幼名と同じ。

2017.10.22
 土俵を目指して走る。向こうからも走ってくる男。彼が手にするカードを奪って土俵の真中に置くと勝ちというゲーム。土俵上でぶつかる瞬間、彼の手の中のカードがひょいと浮いた。それをすばやく横取り。そして土俵の真中に置いて、僕の勝ち。わけのわからん夢を見る。

雨の中、衆院選挙の投票に。外食のあと三省堂でボルヘス、空海、金正恩の本3冊買う。アルプスでココアを飲みながら買ったばかりの本を拾い読み。雨依然激し。

夕方、整体院へ。終日、大雨の中駅前周辺を徘徊。

2017年10月27日 新聞掲載(第3212号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >