赤坂憲雄×石内都×梯久美子トークイベント 「見えないものを表す――痛みの、その先へ――」(赤坂憲雄『性食考』刊行記念)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 赤坂憲雄×石内都×梯久美子トークイベント 「見えないものを表す――痛みの、その先へ――」(赤坂憲雄『性食考』刊行記念)・・・
催しもの
2017年11月3日

赤坂憲雄×石内都×梯久美子トークイベント
「見えないものを表す――痛みの、その先へ――」(赤坂憲雄『性食考』刊行記念)

このエントリーをはてなブックマークに追加
性食考(赤坂 憲雄)岩波書店
性食考
赤坂 憲雄
岩波書店
  • オンライン書店で買う
11月19日(日)14時~16時、会場=ペリエホールルームB(JR千葉駅直結ペリエ千葉7F)、参加費1500円、定員130名(先着順)
予約・問い合わせは、くまざわ書店ペリエ千葉本店
TEL:043・202・2900/
メール:kbcperiechiba@gmail.com

    *
刊行以来、各詩誌に書評や紹介記事が相次ぐ『性食考』(岩波書店)。「食べる/交わる/殺す」の不思議なつながりを論じた本書の刊行記念として、著者で民俗学・日本文化論研究者の赤坂憲雄氏と、原爆で亡くなった方の遺品やフリーダ・カーロの遺品の写真などで知られる世界的な写真家の石内都氏、島尾ミホの評伝『狂うひと』(新潮社)で高い評価を得るノンフィクション作家の梯久美子氏の三人が語ります。愛、痛み、そして、いなくなってしまった人……。人は見えないもの、語りえないものに、どう向きあえばよいのか。アートや文学によって表す営み、表されたものは、わたしたちに何をもたらすのか?

この記事の中でご紹介した本
性食考/岩波書店
性食考
著 者:赤坂 憲雄
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年11月3日 新聞掲載(第3213号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
赤坂 憲雄 氏の関連記事
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >