のむみち氏企画・監修 『名画座手帳2018』 往来座編集室より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. のむみち氏企画・監修 『名画座手帳2018』 往来座編集室より刊行・・・
出版メモ
2017年11月7日

のむみち氏企画・監修 『名画座手帳2018』 往来座編集室より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
都内主要名画座5館のひと月分の上映情報を網羅した手書きのフリーペーパー「名画座かんぺ」の発行人・のむみち氏が企画・監修を務める『名画座手帳2018』が往来座編集室から刊行された。文庫判2色刷り・288頁、1800円。

2016年の創刊以来、多くの名画座ファンに親しまれてきた本手帳は一般的な手帳の用途は備えつつ、映画人(俳優・監督・スタッフ)の誕生日・命日の情報や、日本映画監督138名の活動期チャート、2014年から始まる都内主要名画座5館の特集タイトル一覧、映画化常連作家の映画化作品一覧、旧作邦画の舞台となっている時代の物価表など、日本の名画をとことん楽しむための企画が盛り込まれている。
巻末には「映画監督活動期チャート」、「主要名画座5館年間特集タイトル一覧」、「“あの時代”の物価表」、「映画化常連作家の映画化作品一覧」など役に立つ頁が
2018年版では帯文を女優の若尾文子、橋本愛が手がけ、全国旧作上映施設リスト、巻末フリーメモページ、映画化常連作家の映画化作品一覧では源氏鶏太作品を特集。さらに昭和37年の都電路線図と昭和35年の丸の内地図が別紙付録となっている。また従来の人気企画もバージョンアップして掲載。

本手帳は都内主要名画座や古書店などを中心に販売。南池袋の古書往来座では「名画座かんぺ」で連載中の嵐くすぐる著「おあしす」増刊号が限定特典でついてくる。

往来座編集室TEL:03・5951・3939

この記事の中でご紹介した本
名画座手帳 2018/往来座編集室
名画座手帳 2018
著 者:のむみち
出版社:往来座編集室
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年11月3日 新聞掲載(第3213号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
人生・生活 > 生き方関連記事
生き方の関連記事をもっと見る >