創造的経験 / M・P・フォレット(文眞堂)分断の時代に説かれる「統合」の思想  哲学する現場1世紀の息吹が伝わってくる|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 創造的経験 / M・P・フォレット(文眞堂)分断の時代に説かれる「統合」の思想  哲学する現場1世紀の息吹が伝わってくる・・・
読書人紙面掲載 書評
2017年11月4日

分断の時代に説かれる「統合」の思想 
哲学する現場1世紀の息吹が伝わってくる

創造的経験
著 者:M・P・フォレット
出版社:文眞堂
このエントリーをはてなブックマークに追加
 内容豊かな書である。経営学、法学、政治学、社会学、心理学、等々の分野と領域に関心が広がるだけでなく、哲学あるいは方法論からも示唆に富む内容を含んでいる。著者メアリー・P・フォレットは女性の政治哲学者として知られていたが、本書の出版(1924年刊)以降は経営哲学者としても知られるようになる。それはアメリカ経営学が立ち上がり、勃興して行く時代であった。フォレット自身、アメリカ経営学史に名を連ねる一人である。

20世紀初頭のその時代、人間と社会の有りようについての思想の流れには、フォレットによれば、19世紀的な人間の「意志」と「権利」への指向から、心理学的視点に立脚する方向への移り行きが見られた。その中で、フォレットの関心もまた「願望」(desire)に向けられる。どうすれば諸々の願望が、権力によって歪められることなく、相互に経糸と緯糸の織り合いとなって社会の過程を営むことができるか、フォレットの問題意識はここから始まる。それはまた、個人の品性を十全に維持することと、社会が前進することが一体のものとなるような、その方法について探究することであり、そして日常の経験から生み出される精神的価値をより大ならしめて前進させる、そのための方策について思索を進めることである。自らに問い、探究し、理論を構築し、提案する。それが結実したのが本書である。

フォレットは、社会と人間の根底をなすものを“関係性”と捉える。「私はあなたに反応しているのではない、私プラスあなたが、あなたプラス私に反応している」のである。このような関係性の連環様式は円環的反応と呼ばれるが、それは意識の限界を超えて、より大きな生に繋がっている。そしてまた社会における活動は、「関係づけていく」という現在進行形の動詞によって語られるような、まさに生成され行く「過程」として把握される。

多様な願望が内包する価値観の相異は対立を招き、さまざまなコンフリクトとして現れる。それに対してフォレットが考えるのは、それぞれの価値観が価値を減ずることなく両立して、双方がともに受け容れられるような「統合」、すなわち新しい価値観の創造へと「前進」することである。この考え方によれば、相異する価値観を向き合わせて、相互に自己を解放して自由になることが求められる。そうすることによって新たなる自己が喚起され、統合への道が開かれるのである。「喚起」こそ創造的経験の本質である。ここには、進化の決定的瞬間における新規なるものの出現ということが語られているのである。

「相異性」に積極的な意味を認めることもフォレット理論の特徴である。「違い」を受け入れてこそ新しさへの可能性が開けるのである。コンフリクトにもまた創造への可能性がある。

このような関係づけに基づく自己の創造という考え方は、比較的近年(20世紀後半)において、自己組織化理論として市民権を得てくるのであるが、フォレットはそれに先だって20世紀も初頭の頃から、当時勃興してきたゲシュタルト心理学等、哲学を含む諸学に刺激されながら、自らの思索に立脚した独自の考え方を展開している。

原書の出版からおよそ百年になるが、その約一世紀の間にも、日本で、そしてアメリカ、イギリスにおいて、フォレットに関する熱のこもった研究がなされている。そのこと自体、先取者としてのその思想の深さを証し立てている。「監訳者の辞」はその間の奥行きと、また哲学する現場の息吹を伝えてくれている。

多様化し、分断の様相を深くする現代世界において、それぞれの価値観や文化を互いに敬意をもって生かしつつ、一段上の新たな統合の道を切り開くこと、その鍵は一つには協働の推進という経営学的範疇における創造的経験にある。社会の前進に向かう統合のためのマネジメント研究への期待をはじめとして、広く経営学への期待もそこにある。

本書の完訳までには、経営学研究に携わる多くの人々の長年にわたる努力があった。完訳の出版を慶びたい。これを機に、フォレットへの期待と関心が高まることを、そして政治や経営の世界で「哲学する」営為を取り戻すことに貢献することを期待したい。(齋藤貞之、西村香織、山下剛訳)

この記事の中でご紹介した本
創造的経験/文眞堂
創造的経験
著 者:M・P・フォレット
出版社:文眞堂
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年11月3日 新聞掲載(第3213号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >