先輩は温かい|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

スタッフブログ
2017年11月7日

先輩は温かい

このエントリーをはてなブックマークに追加
私はもともと某出版社に長く勤務して、この読書人に関ったのはまだほんの少しの時間しかたっていません。先々週、もとの職場のOB/OGの会があって、100名ほどの先輩諸氏、同僚、後輩たちと交流してきました。アルコールも適度に入り、食事もかなりグレードの高いものが用意されて満足でしたが、何より、尊敬する先輩たちに「週刊読書人」について語ることができたのが嬉しいことでした。お会いした先輩たちはさすがに元出版社の編集者たちであり、「週刊読書人」を知らない人は一人もいません。この歳になっても「後輩」として私を見てくれる人たちが「仕事はどうなんだ?苦労していないか?」と案じてくれて、年がいも無くちょっと<ウルッ!>としました。何名かの先輩に、今の「週刊読書人」を読んでもらおうと、手渡したり後で送ったりしたのですが、すぐに葉書が届いたりしています。
N先輩の葉書から一部を抜き出すと「読み応えのある充実した紙面で頭の錆を落としています。・・・・・(中略)最近とみに目が弱くなりつつあります。高齢の愛読者も多いと思いますので、活字を新聞並みポイントにした個所も設けられては如何でしょうか?」と書かれていました。いつまでも編集者なんだなあと先輩の目線が温かく、感謝しながら葉書は大切にしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタッフブログのその他の記事
スタッフブログをもっと見る >
文化・サブカル関連記事
文化・サブカルの関連記事をもっと見る >