行動経済学ってなんかアヤしい!|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. スタッフブログ
  3. 編集室から
  4. 行動経済学ってなんかアヤしい!・・・
編集室から
2017年11月17日

行動経済学ってなんかアヤしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
行動経済学ってなんかアヤしい!と気になっていたが、ネットで買い物すれば、DMを受け取るの欄にデフォルトでチェックが入っていたり、一回分お得なクーポンをつい買っちゃったりと、とっくの昔にいろんなところで行動経済学にナッジされていました! ぼんやり消費行動しているだけならともかく、想像力をたくましくすればもっと恐ろしい選択をさせられている可能性も――。今回『かくて』と『逆襲』の二冊を取り上げたが、「行動経済学はストーリーを大切にする」という通り、行動経済学者たちのノンフィクション、天才たちの物語としても読み応えがある。読み方としては『かくて』↓『逆襲』の順に読むとよいとは、若田部さんからのアドバイス。ビジネス書は苦手という向きにも◎。併せてダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』も読むと理解が深まる。

今回お二人のご協力とご理解で、小紙初のスカイプ対談が実現した。時差のため日本でのスタートは二二時(NYと時差十三時間)、途中通信が途切れたりしながらも(泣)、終電までお付き合いいただいて収録できた。改めて若田部さん、栗原さんに御礼申し上げます。本特集の裏でそんなドタバタ劇もあったことを想像しながら読んでいただければ――。

お二人の『本当の経済の話をしよう』(二〇一二年)刊行から、政治も経済もダイナミックに変化している現在、『本当の』第二弾のプロジェクト発動が待たれます。 (T)

2017年11月17日 新聞掲載(第3215号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
ビジネス・経済 > 経済学関連記事
経済学の関連記事をもっと見る >