日本の学校の怪談絵図鑑3 学校の七不思議と妖怪 常光徹監修、山村浩二絵|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

PictureBook&Guide Book
2016年9月2日

日本の学校の怪談絵図鑑3 学校の七不思議と妖怪 常光徹監修、山村浩二絵

このエントリーをはてなブックマークに追加
学校の七不思議を徹底解説。全三巻の三巻目には、おなじみのトイレの「花子さん」から、三番目のトイレにいる「紙くればあさん」、忘れ物をひとりで取りに行くと廊下を猛スピードで追いかけてくる「百二十キロばあさん」、上半身しかなく手や腕だけで追いかけてくる「テケテケ」など、たくさんの妖怪が登場。七不思議とは何か、怪談が語られつづける理由なども、民俗学者の著者が解説。不気味でユーモラスなイラストも魅力。




2016年9月2日 新聞掲載(第3155号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
PictureBook&Guide Bookのその他の記事
PictureBook&Guide Bookをもっと見る >