巳年キリン著 働く、働かない、働けば|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新刊
2017年12月16日

巳年キリン著 働く、働かない、働けば

このエントリーをはてなブックマークに追加
働く、とは一体どういうことなのか。お金のため、自分が生きるため、家族のため……、と人それぞれ考え方は違う。また職場の労働環境、人間関係によって、さらに正社員、非正規などの立場でも違ってくる。本書は働くことを主軸に様々な人のインタビューとマンガで構成されるプレカリアート・コミック。「生きることと働くこと」「価値があるってどういうこと?」「誰でも自尊心はある」「しくじったら即アウトの社会なんて」「仲間をつくる」「無力なんかじゃない」の章立てで主人公のどんぐりさんの仕事や出会う人々が描かれる。社会、会社で嫌な思いをすることもあるけれど、その嫌なことを周りと話すことで心が安らぐ場合もある。辛い時に辛いと言える仲間や、そんな社会を目指すために本書は小さな声を拾い上げる。現代の日本社会で働くことについて改めて考えることを促す一冊に。
(四六判・一五八頁・三一書房☎〇三―六二六八―九七一四)
この記事の中でご紹介した本
働く、働かない、働けば/三一書房
働く、働かない、働けば
著 者:巳年 キリン
出版社:三一書房
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年12月15日 新聞掲載(第3219号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
人生・生活 > 生き方関連記事
生き方の関連記事をもっと見る >