2017年回顧 演劇 全体的に見れば不作  大御所から中堅の戯曲出版に注目|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

回顧総評
2017年12月27日

2017年回顧 演劇
全体的に見れば不作 
大御所から中堅の戯曲出版に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年の演劇書は近年では珍しいほどに多くの重要な本が出版された。その反動というわけではないだろうが、今年は全体的に見れば不作の感がある。もちろん、そのような状況のなかでも優れた本は確かにあった。一番は、萩原健『演出家ピスカートアの仕事 ドキュメンタリー演劇の源流』(森話社)だろう。二十世紀のアヴァンギャルド時代の政治演劇、二次大戦後のドキュメンタリー演劇を標榜したドイツの演出家、ピスカートアの波乱に満ちた生涯と作品を追った労作だ。作家と上演の表象を主に追っているため、時代が抱えた政治と芸術という問題は薄いが、日本語では読めなかった全体像が明らかにされる。また、演劇史を紡ぐ人である大笹吉雄が、今度は『日本新劇全史』(白水社)の第一巻、明治期から敗戦までの時代について出版した。いままで『日本現代演劇史』、『新日本現代演劇史』の網羅的なものに比べて、著者の考える新劇の通史が現代に到るまで出版されていく。特に今まで描かれていなかった現代の部分が今後どのようになるのかは興味深い。
演劇プロパーではないが、演劇史において重要な人物と事柄に焦点をあてたものに、堀川惠子『戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』(講談社)がある。八田元夫という、いまや忘れさられつつある存在を、広島の原爆で散った移動演劇の桜隊とともに浮かび上がらせた。
インタビュー本である『舞台をまわす、舞台がまわる 山崎正和オーラルヒストリー』(中央公論新社)は、時の内閣や政治と不遇かもしれない演劇とのかかわりが山崎演劇史観として見えて面白い。たしかに演劇とポリティクスというテーマは昨今の批評や研究の流行りだが、ここには実際の政治と演劇というものの二つが、一人の人物のなかで文字通り両立している。68年度の東京大学の入試中止など、エピソードには事欠かない。(劇)詩人であり評論家でもあるということでは、まったく歩みと位置は真逆でも、吉本隆明と双璧かもしれない。
ダンス方面では、すでに読書人に書評が掲載された、シルヴィアーヌ・パジェス著、パトリック・ドゥヴォス監訳他訳『欲望と誤解の舞踏 フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド』(慶應義塾大学出版会)がある。いかにフランスで舞踏が受容されたのか、オリエンタリズムという問題への示唆にもあふれている。研究書では、歴史に埋もれつつあるものに焦点をあてるものが多かった。現代を写すような批評の本で目立ったものはないのが残念だ。
そして、めずらしいことだが、今年の注目に戯曲出版がある。八六歳で、いまだ旺盛な執筆を続ける福田善之著『颶風のあと』(三一書房)、シリーズとして出版されていく坂手洋二『バートルビーズ/たった一人の戦争』、『星の息子/推進派』(彩流社)、さいたまゴールドシアターへの作品である、岩松了『薄い桃色のかたまり/少女ミウ』、そして十年前に颯爽と登場した岡田利規がもはや中堅になったことに感慨もある『三月の5日間[リクリエイテッド版]』などだ。しかし、大御所からベテラン、中堅までの名前のある作家たちに集中して若手の出版がないというのが、今の演劇界の反映とするならさびしさも残る。

この記事の中でご紹介した本
演出家ピスカートアの仕事   ドキュメンタリー演劇の源流/森話社
演出家ピスカートアの仕事   ドキュメンタリー演劇の源流
著 者:萩原 健
出版社:森話社
以下のオンライン書店でご購入できます
バートルビーズ/たった一人の戦争/彩流社
バートルビーズ/たった一人の戦争
著 者:坂手 洋二
出版社:彩流社
以下のオンライン書店でご購入できます
欲望と誤解の舞踏  フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド/慶應義塾大学出版会
欲望と誤解の舞踏  フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド
著 者:シルヴィアーヌ・パジェス
出版社:慶應義塾大学出版会
以下のオンライン書店でご購入できます
戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇/講談社
戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇
著 者:堀川 惠子
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
舞台をまわす、舞台がまわる - 山崎正和オーラルヒストリー/中央公論新社
舞台をまわす、舞台がまわる - 山崎正和オーラルヒストリー
著 者:山崎 正和
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年12月22日 新聞掲載(第3220号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋 宏幸 氏の関連記事
回顧総評のその他の記事
回顧総評をもっと見る >
芸術・娯楽 > 演劇関連記事
演劇の関連記事をもっと見る >