加藤嶺夫写真全集 昭和の東京5 中央区 川本 三郎/泉 麻人監修|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新刊
2018年1月6日

加藤嶺夫写真全集 昭和の東京5 中央区
川本 三郎/泉 麻人監修

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真家・加藤嶺夫が一九六八年から二〇〇三年の三七年間で撮り溜めた五〇〇〇枚にも及ぶ東京の街角のスナップの中から厳選して『昭和の東京1 新宿区』が刊行されたのは二〇一三年。その後台東区、千代田区、江東区と続き、最新刊『昭和の東京5 中央区』が刊行された。
昭和、平成を通して大小の差はあれど日々変わっていく東京の街並み。東京らしい狭い路地や街角があり、加藤は楽しみ、そして愛おしみながらシャッターをきっていたのではないだろうか。
本シリーズに収められたもう実際に見ることのできない風景は、昭和が終わって平成も終わろうとしている今、より一層ノスタルジックな感情を呼び起こす。第一期全5巻ボックスセット(九〇〇〇円)も発売中。
(A5判・一八〇〇円・デコTEL:〇三―六二七三―七七八二)
この記事の中でご紹介した本
加藤嶺夫写真全集 『昭和の東京 5 中央区』/デコ
加藤嶺夫写真全集 『昭和の東京 5 中央区』
監修者:泉 麻人、川本 三郎
出版社:デコ
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年1月5日 新聞掲載(第3221号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真関連記事
写真の関連記事をもっと見る >